メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

VMware vSphere の導入に必要なゲスト OS の調整について教えてください。

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere
Specialty:
virt
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • SAN
  • FlexPod 

回答

概要

NetApp ストレージを導入して SAN/NFS 環境の VMware ESX / ESXi ゲストオペレーティングシステムと効果的に相互運用する場合の重要な考慮事項の 1 つは、仮想マシンで NetApp 推奨ゲスト OS の調整を利用することです。この資料では、使用されるゲスト OS の調整と、相互運用性を向上させるためにネットアップが推奨する設定について説明します。この記事では、ゲスト OS のチューニングを以前の設定から更新する目的についても説明し、更新されたゲスト OS のチューニングを採用するためのガイダンスも提供しています。 

ゲスト OS のチューニングが必要な理由

ゲスト OS のチューニングが必要な理由は次のとおりです。

  • ストレージコントローラのフェイルオーバーイベント中のエラー処理と相互運用性を向上させるため。
  • ストレージコントローラのフェイルオーバーイベント後のリカバリ時間を短縮します。 
ゲスト OS のチューニングはどのように利用されますか。

一般的な VMware 仮想マシンの導入では、ゲストは、 VMware vSphere ハイパーバイザーが提供するローカル SCSI ディスクを、 VMware 仮想ディスク( VMDK )形式または raw デバイスマップ( RDM )形式のいずれかを使用してバッキングストレージで使用します。推奨されるゲスト OS の調整は、仮想マシン内の SCSI ディスク用です。特に、ゲスト OS ごとのチューニングのリストは次のとおりです。

  • Windows :ディスクタイムアウト
  • Linux :ディスクタイムアウト
  • Solaris :ビジー / 受信不可 / リセットの再試行と I/O スロットル設定に関するディスクタイムアウトと追加の I/O 調整 
推奨される設定は何ですか?

従来、 NetApp Tools ESX Host Utilities 5.2.1 および VSC 4.0 では、 Windows 、 Linux 、および Solaris ゲストのディスクタイムアウトを 190 秒に設定していました。また、 Solaris ゲストの I/O チューニング設定も調整します。

より高度な NetApp ストレージコントローラクラスタテクノロジの導入により、 VMware vSphere の新しいバージョンのベストプラクティスに合わせて、 Solaris I/O チューニング仕様のベンダー ID ( VID )と製品 ID ( PID )の情報を修正するだけでなく、ゲスト OS のチューニングを更新することにしました。次の表に、ゲスト OS のチューニング履歴と更新されたゲスト OS のチューニングをまとめます。   

Guest OS Type

SAN のゲスト OS のチューニング履歴 

SAN のゲスト OS のチューニングを更新

Windows

ディスクタイムアウト = 190

ディスクタイムアウト = 60

Linux

ディスクタイムアウト = 190

ディスクタイムアウト = 60

Solaris

ディスクタイムアウト = 190

ビジーリトライ = 300

Not Ready Retry = 300

再試行をリセット = 30

最大スロットル = 32

最小スロットル = 8

ディスクタイムアウト = 60

ビジーリトライ = 300

Not Ready Retry = 300

再試行をリセット = 30

最大スロットル = 32

最小スロットル = 8

VID/PID の仕様を修正

導入に関するネットアップのガイドラインを教えてください。 

ゲスト OS の調整を更新する必要があるかどうかを判断するには、次のガイドラインに従います。

  • VMware NFS 環境でゲスト OS のチューニングを更新する必要はありません。 VMware Tools のデフォルトのタイムアウト設定で十分です。この KB では、 VMware SAN 環境のゲスト OS のチューニングのアップデートについて説明します。
  • 従来のゲスト OS のチューニング設定とうまく連携している既存のソリューションでは、 Windows および Linux ゲスト OS のチューニングを更新する必要はありません。
  • Solaris ゲスト OS の場合は、ストレージコントローラのフェイルオーバーイベント中のエラー処理と相互運用性を向上させるために、以下に示す正しい VID/PID 情報を使用してください。
  • ESXi 5 以降、または Data ONTAP 8.1 以降で新しいソリューションを導入する場合は、更新されたゲスト OS のチューニングを採用して、ストレージコントローラのフェイルオーバーイベント後のリカバリ時間を短縮します。
  • ESX / ESXi ホストまたは NetApp ストレージコントローラソフトウェアを最新のリリースにアップグレードする場合は、ゲスト OS の調整を更新する機会も活用してください。 
  • ゲスト OS からソフトウェア iSCSI イニシエータを使用している場合は、サポートされる構成、マルチパス構成、およびホストユーティリティで必要なその他の調整について、それぞれのネットアップのドキュメントに従ってください。
更新されたゲスト OS の調整を実装する方法

推奨ゲスト OS の調整を使用して仮想マシンを手動で設定することも、 VSC にバンドルされているスクリプトを使用して調整を実装することもできます。調整の更新後にゲストをリブートして、設定を有効にします。 

手動設定 
警告:レジストリエディタを誤って使用すると、深刻な問題が発生し、オペレーティングシステムの再インストールが必要になることがあります。Windows レジストリに変更を加える前に、レジストリのバックアップコピーを作成します。
  • Windows :次の TimeOutValue レジストリキーを使用して、 Windows ディスクのタイムアウトを 60 秒に設定します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Disk\TimeOutValue 
  • Linux :次のエントリで udev ルールを作成することで、 Linux ディスクのタイムアウトを 60 秒に設定できます。   
    DRIVERS=="sd", SYSFS =="0|7|14", RUN+="/bin/sh -c 'echo 60 > /sys$$DEVPATH/device/timeout'"
    • NetApp VSC にバンドルされている Linux ゲスト OS チューニングスクリプトは、上記のようなエントリを持つ udev ルールにスクリプトを追加します。(インストールされている udev ルールの場所が異なる場合があります)。
    • さらに、 Linux ゲスト OS の VMware ツールには、 VMware 仮想ディスクのディスクタイムアウトを自動的に 180 秒に設定する udev ルールが用意されています。udev ルールディレクトリにある「 vmware 」ベンダー ID を「 grep 」して、 VMware によってインストールされたスクリプトを確認し、それに応じて変更できます。
    • VMware Tools のアップデート後に再度検証して、ディスクタイムアウトが適切な値になっていることを確認します。
       
  • RHEL 7.x
    ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="scsi", ATTRS{VENDOR}=="VMware ", RUN+="/bin/sh -c 'echo 60 >/sys$$DEVPATH/timeout'"
    ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="scsi", ATTRS{VENDOR}=="NETAPP ", ATTRS{MODEL}=="LUN ", RUN+="/bin/sh -c 'echo 60 >/sys$$DEVPATH/timeout'"
    ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="scsi", ATTRS{VENDOR}=="NETAPP ", ATTRS{MODEL}=="LUN C-Mode ", RUN+="/bin/sh -c 'echo 60 >/sys$$DEVPATH/timeout'"
     
  • Solaris :/etc/systemファイルで次の設定を行うことで、 Solaris ディスクのタイムアウトを 60 秒に設定できます。
    set sd:sd_io_time=0x3c 

/kernel/drv/sd.confの設定エントリを指定することで、 Solaris I/O チューニングパラメータを追加できます。 

Solaris 10.0 GA ~ Solaris 10u6 :
sd-config-list="NETAPP  LUN","netapp-sd-config",
"VMware  Virtual","netapp-sd-config";
netapp-sd-config=1,0x9c01,32,0,0,0,0,0,0,0,0,0,300,300,30,0,0,8,0,0;

:上記の sd-config-list には、ベンダー ID の NetApp LUN と製品 ID の LUN 、および VMware と仮想の間に 2 つのスペースがあります。 

Solaris 10u7 以降および Solaris 11 :
sd-config-list= "NETAPP  LUN","physical-block-size:4096,retries-busy:300,retries-timeout:16,retries-notready:300,retries-reset:30,throttle-max:32,throttle-min:8",
"VMware  Virtual","physical-block-size:4096,retries-busy:300,retries-timeout:16,retries-notready:300,retries-reset:30,throttle-max:32,throttle-min:8";

VSC が提供するスクリプトを使用する

NetApp Virtual Storage Console ( VSC )には、ゲスト OS のチューニングを手動で更新する作業を軽減するためのスクリプトが用意されています。以前のバージョンの VSC でディスクタイムアウトが 190 秒に設定されているため、スクリプトを使用するかどうか、および設定を確認する方法の詳細については、ネットアップサポートサイトの VSC のマニュアルを参照してください。

KB2010823 の内容は、この KB (以前の KB41511 )に移動されました。

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support