メインコンテンツまでスキップ

Eシリーズ:「ボリュームが優先パス上にありません」イベントのトラブルシューティング方法

Views:
63
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

NetApp Eシリーズ

説明

  • ボリュームが優先パス上にない(VNOPPEvent Type 4011)とは、Recovery Guruおよびメジャーイベントログ()のストレージで監視される状態です。
  • この状態は、フェイルオーバーアラート遅延タイマー(デフォルトは 5 分)を超過した期間、ボリュームまたは複数のボリュームが優先されないコントローラによって所有されている場合に報告されます。
  • VNOPP は、一般的に次のいずれかが原因で発生しますが、これらに限定されません。
    • コントローラのリブート(パニック、手動リセット、古いIO、WDTOなど)。
    • ボリュームの所有コントローラへの接続が存在しません。
    • ホストマッピングの設定に誤りがある。
    • ホストと所有コントローラ間のSANの接続が切断されるか、不安定になります(たとえば、不正なケーブル、不良SFP、不良HBAポート、スイッチポートバウンス)。
    • SAN ホストマルチパスの設定が正しくない。
    • アレイコントローラが不安定か、動作不良です。
  • この記事では、 VNOPP の原因を特定し、必要に応じて根本的な問題を修正し、ボリュームを優先所有者に再割り当てするための体系的なアプローチについて説明します。

警告

コントローラファームウェアをアップグレードして、優先パス問題 にないボリュームの修正を試みないでください。システムが安定していないときにアップグレードを実行すると、システム停止などの予期しない動作が発生する可能性があり

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device