メインコンテンツまでスキップ

E シリーズでライトキャッシュが有効になっているかどうかを確認する方法

Views:
35
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-os-controller-software
Specialty:
esg
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 7.xx
  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 8.xx

説明

キャッシュが有効になっているかどうかを確認する方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は次のとおりです。

方法 1 : store-array-profile

キャッシュ設定はボリュームごとにレポートされSTORAGE-ARRAY-PROFILE、 E シリーズサポートコレクションの「」ファイルの「 Standard Volumes 」セクションの「 Details 」部分にあります。

潜在的な状態:

Write cache:   Enabled
Write cache:   Disabled
Write cache:   Enabled   (currently suspended) <- Indicates controller suspended cache for some reason. Will need to be investigated.

 

添付のサンプルを参照してください STORAGE-ARRAY-PROFILE.

方法 2 : state-capture-data

キャッシュ設定はSTATE-CAPTURE-DATAccmShowStateCacheDeviceFlags、「」の「」にもあります。「」の下にあります。

潜在的な状態:

RCE = Read Cache Enabled
RCA = Read Cache Active
RCD = Read Cache Disabled
RCD = Read Cache Inactive
WCE = Write Cache Enabled
WCA = Write Cache Active
WCD = Write Cache Disabled
WCI = Write Cache Inactive
CME = Cache Mirroring Enabled
CMA = Cache Mirroring Active
CMD = Cache Mirroring Disabled
CMI = Cache Mirroring Inactive
WC_INTERNALLY_DISABLED  <- Indicates controller suspended cache for some reason. Will need to be investigated.
CM_INTERNALLY_DISABLED  <- Indicates controller suspended cache for some reason. Will need to be investigated.

添付のサンプルを参照STATE-CAPTURE-DATAしてください。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device