メインコンテンツまでスキップ

VMware ESXi の既存のシンボリュームで UNMAP を有効にする方法

Views:
105
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 8.xx
  • SANtricity

説明

E シリーズコントローラファームウェアリリース 08.25M1 ( 2016 年 5 月予定 UNMAP )以降では、シンボリュームの SCSI コマンド( SCSI 動作コード 42H )がサポートされています。以前のコントローラファームウェアリリース(初回出荷時リリース)からアップグレードする場合、UNMAP既存のシンボリュームは、シンボリュームに手動で変更が加えられるまで、アップグレード後に自動的にサポートされません。  

UNMAPシンボリュームと選択したオペレーティングシステムでのサポートを有効にするために必要な追加手順がいくつかあります。このドキュメントでは、 VMware ESXi オペレーティングシステムの詳細な手順について説明します。

: VMware ESXi の場合UNMAP、 VMFS-5 または VMFS-3 データストアを含むシンボリュームのみが、 VMware ESXi ホストから直接操作をサポートします。物理 Raw Device Mapping ( PRDM )または仮想 Raw Device Mapping ( VRDM )にシンボリュームを直接仮想マシンに使用している場合は、その仮想マシンにインストールされているオペレーティングシステムの UNMAP KB の記事に従ってください。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device