メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

データ保証が有効なボリュームと iSCSI でパフォーマンスが低下します

のしんだ

環境

  • コントローラファームウェア( SANtricity OS ) 11.40 以降
  • Data Assurance が有効になっている iSCSI ボリューム
  • iSCSIイニシエータ
  • コントローラ:
    • E28xx または EF280 、ベースボード iSCSI ポートを使用
    • E28xx または EF280 で、ホストインターフェイスカードの iSCSI ポートを使用する場合は、「 HIC 、 E280016G FC/10GbE 、 4 ポート」として発注可能です
    • E57xx は、ベースボード iSCSI ポートのみを使用します

問題

  • E シリーズコントローラファームウェア 11.4x 以降、以降のリリース(例 11.5x )、 Data Assurance ( DA ; T10 PI )機能がコントローラモデルの E28xx と E57xx/EF57x で iSCSI で使用可能になり、ボリュームでデフォルトで有効になりました。
  • QLogic Hilda チップセットのハードウェア上の制限により、 iSCSI ボリュームで DA を有効にすると、原因 で読み取りシナリオのパフォーマンスが低下する可能性があります。このシナリオは、 25Gb チップセットには影響しません。
  • iSCSI イニシエータを使用して DA が有効な iSCSI ボリュームに対する問題読み取りを行う場合、 DA が有効でない iSCSI ボリュームと比較して読み取りパフォーマンスが低下することがあります。キュー深度が 1 の場合は、パフォーマンスの低下がより顕著になります。
  • データストアの作成などの処理は、タイムアウトするか失敗する可能性があります。
  • E シリーズのボリュームデータストアを使用して VMware ESXi で実行されている VM のフォルダを開くには、約 1 分かかる場合があります。  

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device