メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

NetApp KCS Award

E シリーズシンボリュームで SCSI UNMAP を使用する場合の Windows ホストオペレーティングシステムの考慮事項は何ですか。

Views:
35
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

E シリーズ コントローラ ファームウェア 8.xx

回答

08.25.05 以降を使用してシンボリュームを作成すると、 UNMAP をサポートするホスト OS によってシンとして認識されます。UNMAP は、ホストシステムによってストレージアレイに発行される SCSI コマンドで、アプリケーションまたは OS によってディスクブロックが削除されたあとにシンボリュームのスペースを再利用できます。シンプロビジョニングされたボリュームは、 08.2505 よりも前のバージョンで作成されている可能性がありますが、ホスト OS にシンボリュームとして報告されません。

ホストのオペレーティングシステムは、 UNMAP アクティビティの処理方法によって異なります。デフォルトで有効になっているのは、リアルタイムのスペース再生が有効になっている Windows だけで、システムの観点からパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

Windows で実行されているアプリケーションでは、アプリケーションに揮発性の容量が必要な場合は、標準(シンではない)ボリュームを使用することをお勧めします。シンボリュームが必要な場合は、パフォーマンスへの影響を回避するために、次のリンクにある Microsoft TechNet の手順に従って、リアルタイムのスペース再生を無効にするレジストリ設定を構成することをお勧めします。システム管理者は、システムアクティビティが低い時間帯にスペース再生をスケジュールできます。この記事では、シンプロビジョニングの計画と導入の方法についても説明しています。また、関連する TechNet コンテンツ「 Plan and Deploy Thin Provisioning 」へのリンクも掲載しています

Scan to view the article on your device