メインコンテンツまでスキップ

E シリーズストレージシステムで、トラディショナルボリュームグループを Dynamic Disk Pool に変更する際にどのようなオプションを選択できますか。

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

に適用されます

E シリーズ ストレージ アレイ

回答

現在のところ、従来のボリュームグループを Dynamic Disk Pool ( DDP )構成に変換するプロセスやオプションは簡単ではありません。ただし、次に示すように、このタイプの変換に使用できる回避策がいくつかあります。

バックアップとリストア

  1. 変換するシステムをバックアップします。
  2. ディスクプールとボリュームを作成
  3. バックアップからデータをリストアします。

ボリュームコピーを使用:

  1. スペアドライブを使用してディスクプールを作成します(各ディスクプールに少なくとも 11 本のドライブ)。
  2. ボリュームコピー機能を使用する。

リモートミラーリング機能の使用:

  1. トラディショナル・ボリュームとディスク・プール・ボリューム間の別のシステムに、リモート・ミラー関係を作成します。
  2. ボリュームを同期します。
  3. ボリュームの同期が完了したら、ミラーを解除し、新しく作成したミラーボリュームをメインボリュームとして使用します。

詳細については、サポートケースを介してテクニカルサポートにお問い合わせください。

追加情報

AdditionalInformation_Text