メインコンテンツまでスキップ

部分的なギブバック状態のときは、ディスクの再構築も退避もありません

Views:
36
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
disk-drives<a>1008055</a><a>1008745</a>
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • すべてのストレージシェルフ

問題

1 本のディスクに障害が発生した場合(または退避が必要な 2 ディスクキャリア( DS4486 )の 2 本目のディスクは発生しません)

  • 適切なスペアが利用可能であっても、次のようなアラートが表示される場合があります。

EMSログ

Tue Jun 08 04:00:00 CDT [node-01: statd: monitor.shutdown.brokenDisk.pending:notice]: two data disks in RAID group "/aggregate_name/plex0/rg0" are broken. Halting system in 24 hours.

Tue Jun 08 04:00:00 CDT [node-01: statd: callhome.shutdown.pending:alert]: Call home for SHUTDOWN PENDING (degraded mode)

 

EMS ID:

monitor.shutdown.brokenDisk.pending

説明

このメッセージは、 RAID 再構築が原因で自動シャットダウンシーケンスが中断された場合に表示されます。

DS4486

Mon Dec 21 22:14:41 CST [node-01: raid_lm: raidlm.cannotMakeProgress:alert]: Disk 1d.32.10L1cannot be evacuated or copied from a multidisk carrier. The system does not contain spares that are suitable for the copy operation.

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device