メインコンテンツまでスキップ

ノード LIF への接続が複数ある場合の NFS レイテンシが高くなりました 共通のクライアント TCP ソケット

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
not set
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9.5
  • ONTAP 9.6
  • ONTAP 9.7

問題

  • NFS ワークロードに対するその他の操作では、 Active IQ Unified Manager で非常に高いレイテンシ( 100 ミリ秒超)が表示されます。
  • のレイテンシの内訳は、ネットワーク処理または CPU_Network でのレイテンシが高いことを示しています。( CPU ネットワーク遅延によるワークロードへのレイテンシ)
  • CPU の競合や高い CPU 利用率の証拠はありません。
  • 1 つ以上のクライアントが、同じノード上の異なるインターフェイス( LIF )への複数の NFS ( v3 / v4 )の同時マウントに、同じソース TCP ソケット(ソースアドレスとポート)を使用します。
    • 同じソースソケットから同じ LIF 上の異なるポートに複数接続した場合も、同じ問題が発生することがあります。
    • LIF は、同じ SVM または異なる SVM に設定し、同じノードに配置することができます。 
 cluster::*> system node run -node node_1 -command netstat -na ---- Default IPSpace ---- Active Internet connections (including servers) Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address (state) VCTX Services tcp4 0 0 10.8.24.135.2049 10.8.24.82.1023 ESTABLISHED 13 0x00000804 tcp4 0 0 10.8.24.129.2049 10.8.24.82.1023 ESTABLISHED 12 0x00000804 tcp4 0 0 10.8.24.123.4045 10.8.26.8.1023 ESTABLISHED 11 0x00000804 tcp4 0 0 10.8.24.123.2049 10.8.26.8.1023 ESTABLISHED 11 0x00000804 

 

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support