メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

Multi-Path HA で、 IOM6 および IOM12 ストレージシェルフを搭載した IOM12E プラットフォームのケーブル接続方法

Views:
83
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems<a>2008631910</a><a>FAS26xx</a><a>FAS27xx</a><a>FAS2700</a><a>FAS2600</a>
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • IOM12E プラットフォームから IOM6 シェルフへの I/O モジュール( IOM )の移行
  • IOM12E プラットフォーム(内蔵 IOM12 シェルフ)
    • FAS2650 、 FAS2620
    • FAS2750 、 FAS2720
    • AFF A220 、 AFF A200
  • IOM6 シェルフ
    • DS2246 、 DS4246 、 DS4486
  • IOM12シェルフ
    • DS224C 、 DS212C 、 DS460C

説明

IOM12 搭載シェルフを搭載した IOM12E プラットフォームにシェルフスタックを作成または追加する場合、パスの問題を回避するために、スタック内の IOM6 搭載シェルフを特定の順序で接続する必要があります。

 

Scan to view the article on your device