メインコンテンツまでスキップ

IOM のアップグレードにはコールドスワップが必要です

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
disk-shelves
Specialty:
hw
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

SAS シェルフおよび SAS ベースのシャーシ:

  • DS4243
  • DS4246
  • DS2246

説明

この資料では、コールドスワップアップグレードに必要な手順について説明します。

シェルフ内の IOM モジュールを別のモデルに交換する場合は、変更中に次のコンポーネントの電源をオフにする必要があります。

  • 影響を受けるシェルフに接続するすべてのノード
  • 影響を受けるシェルフに接続するすべての ATTO ブリッジ(該当する場合)
  • IOM モデルを変更するシェルフ

アップグレードの可能性:

  • IOM 3 -> IOM 6
  • IOM3 -> IOM12*
  • IOM 6 -> IOM 12*

* IOM3/IOM6 と IOM12 のポートの違いに注意してください

注意:ダウンタイムが許容されない場合は、アカウントチームまたは営業担当者に連絡することをお勧めします。