メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ディスクシェルフのホットスワップ、ホットスワップ、ホット移動、またはフルパワーサイクルはサポートされていますか。

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
disk-shelves
Specialty:
hw
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode
  • clustered Data ONTAP 8.2
  • FASシステム

回答

NetApp ストレージアプライアンスでは、ディスクシェルフ(世代を問わず)のホット取り外し、ホットスワップ、ホット移動、またはフル電源再投入(完全 / 手動で電源をオフにしてから、ライブシステム内で再びオンにする)を実行できますか。

Data ONTAP 8.2.1 以降では、ディスクシェルフをホット削除(アグリゲートがディスクドライブから取り外されたディスクシェルフを物理的に取り外す)できます。これは、起動してデータを提供する DS14 ディスクシェルフを使用する 7-Mode と clustered Data ONTAP のマルチパス HA 構成の両方で実行できます。ディスク・シェルフのループ内の任意の場所から 1 つ以上のディスク・シェルフをホット・アンインストールできます。また、ディスク・シェルフ自体のループを取り外すこともできます。
SAS ディスクシェルフまたは FC ディスクシェルフを備えた既存のファブリック MetroCluster システムに、 SAS ディスクシェルフのスタックをホット追加できます。ストレッチ MetroCluster システムでは、 SAS ディスクシェルフを既存の SAS ディスクシェルフのスタック、またはコントローラの SAS HBA またはオンボード SAS ポート(新しいスタックとして)にホット追加できます。
 
前提条件[1]®[2]®と手順の詳細については、『 clustered Data ONTAP 8.2 High-Availability Configuration Guide 』の「 Hot-Removing Disk Shelves in Systems Running Data ONTAP 8.2.1 or later 」および『 Data ONTAP 8.2 High Availability and MetroCluster Configuration Guide 』の「 Hot-Removing Disk Shelves in Systems Running Data ONTAP 8.2.1 or later 」を参照してください。

ファブリック MetroCluster システムについては、「 SAS ディスクシェルフと FibreBridge 6500N ブリッジを使用した MetroCluster システムの構成」を参照してください。

関連リンク:

  • TR-3548:『MetroClusterの設計と導入ガイド』

 

追加情報