メインコンテンツまでスキップ

サービスプロセッサをバージョン 4.1 または 5.1 にアップグレードすると、 SP がバックアップイメージをブートすることがあります

Views:
108
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
hw
Last Updated:

に適用されます

  • SP 4.x/5.x
  • AFF A200 / FAS26xx
  • AFF A300/FAS8200
  • AFF A700/FAS9000
  • サービスプロセッサ( SP )をバージョン 4.0 、 5.0 、または 5.0.1 からバージョン 4.1 、 5.1 以降にアップグレードすると、 SP が常にバックアップイメージから起動する状態になることがあります。
  • SP のアップグレードはマザーボードの交換中に発生することが多いため、 SP のアップグレード手順に到達すると問題が発生する場合があります。 
  • SP はセカンダリバージョンの実行を報告します。 [SP.notice]: Running secondary version 4.0
  • SP 管理 mlog ( /etc/log ディレクトリにあります)では、次のようなエラーメッセージが表示されます。

 May 15 2020 10:56:22 -04:00 [kern_servprocd:info:31290] 0x807b41c00: 0: ERR: Servprocd::SpUpdate: PostUpdateCheck: SP is still booted from the initial firmware version 4.0, after SP startup notification was received.
 May 15 2020 10:56:22 -04:00 [kern_servprocd:info:31290] 0x807b41c00: 0: ERR: Servprocd::SpUpdate: PostUpdateCheck: SP firmware has NOT been updated from version 4.0 to version 4.6P1, as was expected.
May 15 2020 10:56:22 -04:00 [kern_servprocd:info:31290] 0x807b41c00: 0: NOTICE: Servprocd::SpUpdate: SpUpdateReport: SP firmware post-update check has FAILED.

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device