メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

ネットアップボリュームがオフラインになると VMware データストアを使用できなくなります

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • ONTAP
  • VMware ESXi 6.5

問題

  • VMware の設定が変更されると、 ONTAP ボリュームのスペース不足、 Snapshot の削除、およびスペースの解放によって、 ONTAP ボリューム / LUN をオンラインにできるようになります。 VMware では変更はなく、 0 バイトの空きスペースが表示され、再スキャンを実行してもデータストアがオンラインに戻りません
  • VMware GUI に「 Error 、 Unknown 」というステータスが表示される
  • df -h ESXi CLI で、「 0 B Size 0 B used 0 B available 」と表示されます

Localcli storage nmp device list | less

Localcli storage core device list | less

  • データストアが表示Status: Not connectedされます
  • 電源障害によってもデータストアがオフラインになるため、この状況が発生することがあります
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support