メインコンテンツまでスキップ
If you missed the pre-registration for NetApp MS Azure AD B2C Go Live, when you log in, the new login prompt will offer the option to register. Please note that access to your NetApp data may take up to 1 hour. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

Unified Target Adapter ( UTA2 ) /CNA ポートとは何ですか。また、それらの設定方法を教えてください。

Views:
1,753
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems
Specialty:
network
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

FASシステム

回答

ユニファイドターゲットアダプタ( UTA2 )ポートはデュアルポート ASIC 設計に基づいており、特定のネットアップコントローラ、および指定されたアドオンアダプタカードとモジュールで使用できます。

各 ASIC には、所定の UTA2 デバイスのポートペアを構成する 2 つのポートがあります。これらのポートについては、次のとおりです。 プラットフォームベース

: FAS255x
FAS2650/AFF A200
FAS27xx/AFF A220E0C/E0D
、 E0E/E0F

FAS8020E0C/0C
、 E0D/0D

FAS8040 、 FAS8060 、 &FAS8080
E0E/0E および E0F
E0G/0G および E0H

FAS8200/AFF A300E0E/0E
および E0F
E0G/0G および E0H

FAS9000/AFF A700E1A/1A
および E1B/1E1C1

モジュールの場合、このスロットは E143D に搭載されています。  

他のスロットに搭載さ

れたモジュールの場合、各スロットに応じて EXA/EXB および EXC/EXD になります)。 X1143A-R6 2 ポート UTA 、 10GbE 、 16Gb FC BaRecage SFP+ Add on Adapter Card
ポート 0/ ポート 1

UTA2 ポートは、 16Gb FC または 10GbE ( CNA )として設定可能

  •  特定の ASIC 上の両方のポートを同じ設定にする必要があります。
  •  1 つの UTA2 ポート設定を変更すると、ペアの 2 番目のポートが自動的に同じ設定に変更されます。

UTA2 を搭載したシステムを注文する場合は、 UTA2 ポートの設定を指定する必要があります。これにより、各ポートの正しい SFP+ が順番に追加されます。

10GbE 構成を選択し、銅線接続が必要な場合は、それぞれのポートに対して正しい Cisco Twinax 銅線ケーブルを明示的に発注する必要があります。ケーブルの製品番号[1]については、該当するシステムの『 NetApp Hardware Universe 』を参照してください。

記載されているシステムでは、すべての UTA2 ポートが送信された順序に基づいて設定され、銅線以外の構成に応じて正しい SFP+ がポートにインストールされます。

X1143A-R6 オプションを発注する場合は、必要な構成( FC または 10GbE )に基づいて正しい SFP+ を明示的に追加する必要があります。カードの製造時には、ポートはデフォルトの FC ターゲット設定のままになっているため、インストール時に手動で設定する必要があります。

FC 設定固有の詳細

  •  UTA2 ポートは、バックエンド接続スイッチの設定に応じて、 4/8/16Gb FC の速度で自動的に切り替わります。
  •  ポートはイニシエータまたはターゲットのいずれかに設定でき、各ポートペアで各ポートに明示的に設定できます。つまり、 1 つのポートをイニシエータに、もう 1 つのポートをターゲットに設定できます。

10GbE 設定固有の詳細

  •  UTA2 ポートは 10GbE 速度を下回ることはありません。
  •  サポートされるプロトコルは、 FCoE 、 iSCSI 、 NFS 、 CIFS です。
  •  ポートは、 FCoE と iSCSI のターゲットにのみ設定できます。

1 GbE は、 Data ONTAP 8.2.4 以降の UTA2 ポートでサポートCNA または UTA2 ポートを搭載した FAS2552 および FAS2554 システムへの GbE 接続をサポートするためのフラッシュイメージのアップグレード方法されています。サポートされているプラットフォームは、「サポート技術情報」( KB )の「 How to upgrade the flash image to support GbE connectivity to FAS2552 and FAS2554 systems with CNA or UTA2 ports 」( 25xx および 8000 プラットフォームの両方)です。

FAS2650/AFF A200 および FAS8200/AFF A300 プラットフォームの場合、 1 GbE の速度では、それぞれのポートに正しい SFP を取り付ける必要があります。

1 GbE は、 FAS9000/AFF A700 のいずれの UTA ポートでもサポートされていません。

各プラットフォームでサポートBrocade および NetApp SFP のネットアップ製品番号を確認する方法される SFP/SFP+ については、 KB 「 How to Determine the NetApp Part Number for Brocade and NetApp SFP 」を参照してください。

 

ポート

ペアを再設定するための UTA2 ポートの設定 ポートはまずオフラインにする必要があります。次に、ポート

cluster_shell::> network fcp adapter modify -node <NODE_NAME> -adapter <UTA2_Port> -status-admin down

の設定を必要なモードに設定します。

cluster_shell::> system node hardware unified-connect modify -node <NODE_NAME> -adapter <UTA2_Port> -mode <MODE> -type <TYPE>

それぞれのシステムをオフラインにする必要があります ポート設定を有効にし、ポートを次

cluster_shell::> network fcp adapter modify -node <NODE_NAME> -adapter <UTA2_Port> -status-admin up

のようにオンラインに戻すためにリブートしました。注

  • <UTA2 ポート > は、 0c 、 0d などのように指定する必要があります
  • <mode> は、 FC ( FC4/8/16 GB )または CNA ( 10GbE )のいずれかにする必要があります。
  • <type> は FC 構成にのみ必要で、必要に応じてイニシエータ、ターゲット、または FCVI になります

UTA ポート設定を確認するには、次の手順を実行

cluster_shell::> ucadmin show

次のような出力が表示されます。

cluster_shell::> ucadmin show

            Current  Current   Pending  Pending   Admin
Node      Adapter  Mode    Type     Mode    Type     Status
------------  -------  -------  ---------  -------  ---------  -----------
siteA-01    0e     cna    target    -     -      online
siteA-01    0f     cna    target    -     -      online
siteA-01    0g     cna    target    -     -      online
siteA-01    0h     cna    target    -     -      online
siteA-01    1a     fc     fcvi     -     -      online
siteA-01    1b     fc     fcvi     -     -      online
siteA-01    3a     fc     initiator  -     -      online
siteA-01    3b     fc     initiator  -     -      online


システムの現在の UTA2 ポート設定は、週次 AutoSupport の「 Unified - Connect.xml 」セクションでも確認できます。

追加情報

N/A