メインコンテンツまでスキップ

ユニファイドターゲットアダプタ( UTA2 ) / CNA ポートとは何ですか。また、それらの設定方法も教えてください。

Views:
2,735
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems
Specialty:
network
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • FASシステム
  • AFFシステム
  • ONTAP

回答

  • ユニファイドターゲットアダプタ( UTA2 )ポートは、 10Gb イーサネットポートおよび FCoE ポートまたはファイバチャネル( FC )ポートとして設定できる統合ネットワークアダプタ( CNA )です。
  • ucadmin show 現在のポート設定を確認するには、コマンドを使用します。
  • system node hardware unified-connect modify ポートのモードを変更するコマンドです。詳細は以下を参照してください。

追加情報

  • デュアルポート ASIC の設計をベースにしたアーキテクチャで、ネットアップコントローラを利用できます。 [1] 詳細については、 Hardware Universe を参照してください
    • 各 ASIC には、特定の UTA2 デバイスのポートペアを構成する 2 つのポートがあります。プラットフォーム別に以下で説明します。
      • FAS255x
      • FAS2650 / AFF A200
      • AFF A220
        • e0c/e0d と e0e / e0f
      • FAS8020
        • e0c/0c と e0d/0d
      • FAS8040 、 FAS8060 、 FAS8080
        • e0e / 0e と e0f / 0f
        • e0g / 0g および E0h
      • FAS8200 / AFF A300
        • e0e / 0e と e0f / 0f
        • e0g / 0g および E0h
      • FAS9000 / AFF A700
        • E1A/1a および e1b/1b
        • E1C/ 1c および e1D/1d
          • これは、スロット1に取り付けられた4ポートX91143Aモジュールを対象としています。  
          • 他のスロットに搭載されたモジュールの場合、ポートは Exa/EXB になり、各スロットに応じて exc/EXD になります)。
          • X1143A-R6 2 ポート UTA2,10GbE 、 16Gb FC BareCage SFP+ の追加がアダプタカードに適用されます。
            • ポート 0/Port1
  • UTA2ポートは16Gb FCまたは10GbE(CNA)として設定可能
    •  特定のASICの両方のポートを同じ構成に設定する必要があります。
    •  1つのUTA2ポート設定を変更すると、ペアの2つ目のポートは自動的に同じ設定に変更されます。

UTA2 搭載システムを発注する場合は、 UTA2 ポートの設定を指定する必要があります。これにより、それぞれのポートの正しい SFP+ が順番どおりに追加されます。

10GbE 構成を選択し、銅線接続が必要な場合は、該当するポート用に正しい Cisco Twinax 銅ケーブルを明示的に注文する必要があります。ケーブル [2] のパーツ番号については、該当するシステムの NetApp Hardware Universe を参照してください。

記載されているシステムでは、製造業において、すべての UTA2 ポートが送信された順序に基づいて設定され、非銅線構成に応じて適切な SFP+ がポートに取り付けられます。

X1143A-R6 オプションを注文するときは、必要な構成( FC または 10GbE )に基づいて、正しい SFP+ を明示的に追加する必要があります。ポートは、カードの製造時にデフォルトの FC ターゲット構成で使用され、インストール時に手動で設定する必要があります。

  • FC構成固有の詳細
    •  UTA2ポートは、バックエンド接続スイッチの構成に応じて、4/8/16Gb FCの速度で自動的にオレンジになります。
    •  ポートはイニシエータとターゲットのどちらかに設定でき、 各ポートペアで明示的に各ポートに設定できます。 つまり、1つのポートをイニシエータにして、もう1つのターゲットを指定できます。
  • 10GbEの設定に固有の詳細
    •  UTA2ポートは10GbEの速度以下で自動オレンジされません。
    •  サポートされているプロトコルは、FCoE、iSCSI、NFS、およびCIFSです。
    •  ポートをターゲットにできるのは、FCoEおよびiSCSIだけです。

注:

  • Data ONTAP 8.2.4以降 のUTA2ポートでは1GbEがサポートされます。これについては、KB:How to upgrade the flash image to support GbE connectivity to FAS2552 and FAS2554 systems with CNA or UTA2 ports』、または25XX8000プラットフォームの両方でサポートされます。
  • FAS2650 / AFF A200 およびFAS8200 / AFF A300プラットフォームは、1GbEの速度によって、それぞれのポートに正しいSFPが搭載されている必要があります。
  • FAS9000 / AFF A700のUTAポートでは、1GbEはサポートされません。
  • それぞれのプラットフォームでサポート されているSFP+については、BrocadeおよびネットアップのSFPのネットアップパーツ番号を確認する方法を、KB参照してください。

 

 

Scan to view the article on your device