メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

TSB2018-271-A に従って、「 HAFailover / HAREBoot/FOS の V7.4.2B へのアップグレード中に Brocade スイッチポートがバウンドしました

Views:
69
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
brocade
Last Updated:

環境

  • FOS v7.4.2B をサポートするすべてのプラットフォーム 
  • Brocadeスイッチ

問題

  • FOS V7.4.2B でのリグレッションにより、 FOS V7.4.2B へのファームウェアアップグレード中にスイッチでポートがバウンドすることがあります
  • これは、 HAFailover や HAReboot などのウォームリカバリイベント中に発生する可能性があります。
  • スイッチのウォームリカバリの場合、 FOS RASLOG は、ポートがバウンドした時点での C3-1037 または C3-1041 (または C3-1042 )、 C2-1037 または C2-1034 (または C2-1035 )の警告メッセージのロギングをキャプチャします。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support