メインコンテンツまでスキップ

ループバックテストを実行して、スイッチISLの障害のあるポートを特定するにはどうすればよいですか。

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
hw<a>2009165524</a>
Last Updated:

環境

  • CN1610クラスタネットワークスイッチ
  • ISLポート上のHardware問題

説明

  • クラスタインターコネクトスイッチの両方で、ISLリンクの1つがフラップまたは停止する。

(CN1610switch1) #show port 0/15,0/16

         Admin    Physical   Physical   Link   Link   LACP   Actor
Intf    Type   Mode    Mode     Status    Status Trap   Mode   Timeout
--------- ------ --------- ---------- ---------- ------ ------- ------ --------
0/15    PC Mbr Enable   10G Full   10G Full   Up    Enable  Enable long
0/16    PC Mbr Enable   10G Full          Down  Enable  Enable long

 

(CN1610switch2) #show port 0/15,0/16

         Admin    Physical   Physical   Link   Link   LACP   Actor
Intf    Type   Mode    Mode     Status    Status Trap   Mode   Timeout
--------- ------ --------- ---------- ---------- ------ ------- ------ --------
0/15    PC Mbr Enable   10G Full   10G Full   Up    Enable  Enable long
0/16    PC Mbr Enable   10G Full          Down  Enable  Enable long

  • 問題 が置かれているスイッチの物理的な検査やログ分析だけでは判別できません。
  • ループバックテストを使用して、特定のスイッチのISLポートのケーブルまたはSFPの障害が原因かどうかを調べることができます。
Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?