メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

マルチパス I/O ( MPIO )を使用した Solaris ファイバチャネル構成の確認方法

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
flexpod-with-infrastructure-automation
Specialty:
san
Last Updated:

のとう

に適用されます

  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • FlexPod
  • Data ONTAP 7 以前

説明

syslog および EMS メッセージ:

[hostname: scsitarget.partnerPath.misconfigured:error]: FCP Partner Path Misconfigured.
[hostname: scsitarget.partnerPath.misconfigured:error]: FCP Partner Path Misconfigured - Host I/O access through a non-primary and non-optimal path was detected. 

「 What do FCP partner path misconfigured messages mean mean ? 」を参照してください。 このエラーメッセージの詳細については、を参照してください。

問題の説明

SAN では、ホストが LUN にアクセスできるように複数のパスが提供されることがよくあります。SAN の冗長性を最大限に高めるには、ホスト OS でマルチパス I/O ( MPIO )ソフトウェアを使用する必要があります。MPIO ソフトウェアは、使用可能なすべてのパスを監視し、使用するパスをオペレーティングシステムで決定します。ネットアップは現在、 Solaris 用の 2 種類の MPIO ソフトウェア、ネイティブ MPIO モジュール( MPxIO )と Veritas Dynamic Multipathing ( DMP )をサポートしています。次のプロセスでは、 MPxIO と Veritas DMP の設定を確認する方法の概要を説明します。MPIO 構成のセットアップ手順[1]については、『 FCP Solaris Host Utilities 』を参照してください。 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support