メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

100% フラクショナル・リザーブを持つボリュームを持つ LUN のスペース要件を教えてください。

Views:
137
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
san
Last Updated:

のとう  

環境

  • ONTAP 9
  • SAN
  • FlexPod
  • Data ONTAP 7 以前

回答

最初の Snapshot のあと、 LUN を含むボリューム上のすべてのスペースが失われました。フラクショナル・リザーブが 100% のボリュームを含む LUN に必要なスペースは、 [ LUN × 2 + デルタ ] ルールに従います。2 x LUN + デルタルールでは、ボリュームを含む LUN の要件(フラクショナルリザーブが 100 のボリュームの場合)を指定します。この要件では、マッピングされたホストでホストが LUN への書き込みに使用できるスペースの最大 100% が使用可能になります。 + スナップショットの変更率のためのスペース。一般的な Windows ホストでは、 LUN がアーカイブではなくアクティブな本番環境で使用されている場合、常に使用可能な LUN のほぼ 100% に書き込むことができます。

上記の文で参照されているホストにプロビジョニングされている LUN のスペースの一部が読み取り専用としてマークされている場合、ランダムなメタデータ書き込みのためにそのスペースをホストに提供する必要があります。そのため、使用済みのフラクショナルリザーブが 100% まで増加する可能性があります。

たとえば、スナップショットが最初に作成されたときに 5GIG LUN に 2GIG が書き込まれている場合、包含ボリュームの使用済みスペースは 7GIG と表示されます。  これは、これらの 2 GB ブロックの Snapshot ロックで OS が上書きされるために保持されている 2 GB の予約が原因です。LUN 上で最後の Snapshot が作成されたあとに 1 GB の変更が発生し、使用済みスペースが同じままである場合、 3 GB が予約され、使用済みスペースが 8 GB として表示されます。  要約すると、システムは継続的に補正を行い、 LUN への書き込み時に、 OS が 5GB のフルライト機能を認識できるようにします。  これは、ホスト OS に応じて使用スペースが 4.9gig になっている場合にも発生します。   スナップショットが 1 つで変更されていないホスト OS では、 9.9 GB の使用済みスペースが表示されます。  1 GB の変更と別のベース Snapshot を使用した場合、 10.9 GB は使用済みと表示されます。

スナップショットの有効期間中に 3GB の変更が 5 GB の LUN ( OS レベルでは 4.9 GB )で継続的に発生する場合、推奨される最小スペースは 10 GB + 3 GB = 13 GB になります。

これは、次のプロセスでテストできます。 

  1. スナップ・リザーブが 0 のボリュームを作成しました。 
  2. LUN を作成し、マイコンピュータで右クリックしてサイズを確認します。 
  3. LUN のサイズ、使用済みスペース、空きスペースを KB に変換します。
  4. LUN に特定の量のデータを配置し、 KB に変換します。
  5. df /vol/<volname> を実行して、予測される使用率を確認します。
  6. Snapshot を作成し、ただちに df /vol/<volname> を再実行します。  Snapshot ではスペースは使用されませんが、ボリュームの使用スペースは LUN に割り当てられた容量だけ増加します。
  7. LUN 上のデータを変更します。  元のブロックポインタが後ろに残るようにするには、削除ではなく実際に変更する必要があります。
  8. df /vol/<volname> を実行します。LUN + オーバーライトリザーブ + 変更されたスナップショットで使用されているスペースの量が表示されます。
  9. 新しい Snapshot を作成し、 df /vol/<volname> を再度実行します。  これで、 LUN + オーバーライトリザーブ + によって使用されているスペースの量が使用済みスペースとして表示されます。
  10. Snapshot のフルスケジュールが循環したら、 snap delta コマンドを実行して、ボリュームに必要な追加スペースの量を確認します。具体的には次のようになります。
    • LUN が存在する場合は、 100% 余分に追加されます
    • 空き領域内の LUN がまだ作成されていない場合は、予測されるサイズの 200% を超えています

 

SnapInfo ディレクトリがファイルデータですぐにいっぱいになることに注意してください。また、必要なオンラインバックアップの数に応じて、迅速に変更されます。したがって、このデルタは、格納されている LUN の予想よりも大きくなる可能性があります。

また、フラクショナルリザーブの値は小さくすることもできますが、読み取り専用ブロックをホストが上書きした場合は、 LUN が突然オフラインになることがあります。

追加情報

次のコマンドを実行して、フラクショナルリザーブを 0% に変更します。

::> volume modify -fractional-reserve 0 -vserver <svm-name> -volume <vol-name>

 

Scan to view the article on your device