メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP 8.3 の Advanced Drive Partitioning 機能を使用するために、 FAS25xx 、 FAS22xx 、およびオールフラッシュ FAS プラットフォームをアップグレードして再初期化する方法

Views:
108
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
hw
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8.3 
  • FAS2000シリーズ 

説明

この資料では、 FAS25xx 、 FAS22xx 、および All-Flash FAS ( AFF )プラットフォームのブートイメージを clustered Data ONTAP 8.2.x から Data ONTAP 8.3 にアップグレードし、 Data ONTAP 8.3 の Advanced Drive Partitioning 機能を使用するためにコントローラを再初期化する手順について説明します。

警告:この資料に記載されている手順は、システムを停止し、システムからすべてのデータを消去します。システムにバックアップが必要なデータがある場合は、実行しないでください。この資料に記載されている手順を実行する前に、システムからデータをバックアップまたは退避してください。

FAS8xxx 、 FAS62xx 、および FAS32xx シリーズのコントローラでは、アドバンストドライブパーティショニングの使用例の 1 つである HDD のルートデータパーティショニングは使用できません。Data ONTAP 8.3 の MetroCluster 構成では、 Advanced Drive Partitioning はサポートされていません。Data ONTAP 8.3 でサポートさ[1]れる FAS プラットフォームの詳細については、『 NetApp Hardware Universe 』を参照してください。

clustered Data ONTAP 8.2 システムは、ルートアグリゲート用に 3 つの専用ドライブを消費します。ルートアグリゲートは、 1 つのデータディスク、 1 つのパリティディスク、および 1 つの対角パリティディスクを備えた RAID-DP です。

clustered Data ONTAP 8.3 では、 FAS25xx 、 FAS22xx 、および AFF プラットフォーム用の高度なドライブパーティショニング機能が導入されています。この機能を使用すると、物理ドライブはルートパーティションとデータパーティションに分割されます。ルートパーティションは、ルートアグリゲートのプロビジョニングに使用される小さいパーティションですが、データアグリゲートのプロビジョニングに使用されるデータパーティションが大きいほどです。

:サポートされている FAS システムを Data ONTAP 8.3 にアップグレードしても、 Advanced Drive Partitioning 機能は有効になりません。この新機能を利用するには、システムディスクを再初期化する必要があります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device