メインコンテンツまでスキップ

すでに作成されている仮想ボリューム( VVol )の IOPS を変更する方法について説明します

Views:
5
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

  • NetApp Element ソフトウェア
  • VASA ( vSphere API for Storage Awareness )
  • Virtual Volumes (VVols)

説明

このガイドでは、関連するストレージポリシーを変更して、 VVol の QoS 設定を変更する方法について説明します。

クラスタ WebUI から VVol の統計を監視することで(アクティブ IQ は現在 VVol をレポートしません)、パフォーマンスを向上させるために定義された VVVol の IOPS を変更する必要がある場合があります。

仮想ボリュームは、 vSphere Web Client 内で編集可能なストレージポリシー( SPBM )によって制御されます。SPBM に加えられた変更は、関連する VOL の要素に反映されます。

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support