メインコンテンツまでスキップ

NetApp H610S ストレージノードの電源のオフとオンの手順

Views:
86
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
h-series
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

  • NetApp H610S ストレージノード
  • 11.x を超える mNode

説明

この手順は、 NetApp H610S ストレージノードに適用されます。
 
フルパワーサイクルとパワードレーンを必要とするシナリオでは、 NetApp H610S ノードの電源を安全にオフにし、オンにします。
 
 
ストレージクラスタ内の H610S ノードで完全な電源切断と再接続が必要な場合は、次の手順を実行します。 この手順は、 NetApp HCI ストレージクラスタおよびスタンドアロンエレメントストレージクラスタに適用されます。電源リセットプロセスは、 H610S ノードあたり約 1 時間かかります。
 
開始する前に:
  • エレメント Web UI を使用して、各 H610S ストレージノードのノード ID を特定し、記録します。
  • アップグレードとシャットダウンをリモートで実行する場合は、各 H610S ノードを取り外すことができるアシスタントがデータセンターにあること、またはノードの電源をリモートで切断できることを確認してください。
  • Active IQ でクラスタを抑制して、「 nodeOffline 」イベントごとに AutoSupport ケースが作成されないようにします。

 

 

Scan to view the article on your device