メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

で CIFS プロトコルと NFS プロトコルをブロックする方法 Element 管理ノード

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
hci
Last Updated:

に適用されます

  • NetApp HCI
  • SolidFire
  • 管理サービス 2.11 以降を実行している管理ノード( mNode )

説明

Element 管理ノード( mNode )は、ファームウェアのアップグレードプロセス中にコンピューティングノードに対して SMB 共有を利用するため、 mNode ではこれらのプロトコルと関連するポートが開いており、セキュリティスキャンの結果のように表示されます。

  • NFS は 2049 TCP / UDP です
  • cifs.445 TCP/IP /139 TCP

パッチは次の目的で使用できます。

  • これらのプロトコルの一方または両方のポートをブロックします 管理ノード
  • これらのプロトコルのポートのブロックを解除します(コンピューティングノードのアップグレードを実行するにはこの操作が必要です。ポートはあとでブロックし直すことができます)。

 

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support