メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

紫の診断画面でハングした後に自動的にリブートするように HCI 計算ノードを設定する方法

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
netapp-hci
Specialty:
hci
Last Updated:

に適用されます

  • NetApp HCI
  • H シリーズコンピューティングノード
  • ESXi

説明

ESXi ホストが特定の状況(メモリ DIMM の不良など)でハングした場合、デフォルトの動作は、自動リブートを行わずに、紫の診断画面に表示されたままになります。

ノードをサービスに戻すには、手動による介入(通常はリブート)が必要です。

この資料では、 HCI 計算ノードがハングした場合に、指定した期間が経過すると自動的に再起動するように設定する方法について説明します。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support