メインコンテンツまでスキップ

方法: NetApp HCI ecompute ノードのブートドライブの摩耗を軽減します

Views:
20
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
netapp-hci
Specialty:
hci
Last Updated:

に適用されます

  • HCI コンピューティングハイパーバイザーとプラグイン
  • HCI 導入エンジン / 監視エージェント
  • SolidFire ホストプラグイン
  • サードパーティアプリケーション
  • サードパーティのオペレーティングシステム

説明

問題
: USD'SD' または NVDIMM などの起動メディアを使用しているときに ' そのメディアにシステムログを保存すると ' そのメディアでの更新や書き込みが発生することが多くなりますこれにより、ブートメディアが徐々に劣化します。また、コアダンプが発生した場合は、ブートメディアにコアファイルを保持するために必要なスペースがないため、この設定に問題が生じる可能性があります。

最後に、ログまたはコアダンプを保持しているブートメディアに障害が発生した場合、ロギングやコアダンプにアクセスできなくなるため、障害の原因のトラブルシューティングがより困難になります。

代替方法
:ホストロギングを共有ストレージの場所に移動することで、ログの書き込みがビジー状態になったためにブートメディアが時間の経過とともに低下するのを防止できます。コアダンプの場所を共有ストレージに移動することで、コアダンプを生成する条件が発生した場合でも、安全に書き込まれます。

この代替方法の設定方法[1]の詳細については、この KB を表示したときにネットアップサポートアカウントにログインするか、ネットアップサポートにお問い合わせください。

Log Insight :
ソリューションの一部ではありませんが、 vCenter および ESXi のすべてのホストログをナレッジベースの SysLog 経由で転送し、 Insight または同等の syslog ソリューションを記録することをお勧めします。これは非常に強力で、すべてのログを同じタイムスケールで表示できるため、トラブルシューティングに非常に役立ちます。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device