メインコンテンツまでスキップ

NetApp HCI の販売終了( EOA )

Views:
646
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
netapp-hci
Specialty:
hci
Last Updated:

環境

NetApp HCI End of Availability Announcement on March 2nd 2021 

回答

よくある質問  

2021 年 5 月 27 日に更新

Q1.1 :ネットアップが発表する内容

• ネットアップは、 2022 年 2 月に NetApp HCI プラットフォームの提供を終了したことを発表します。ネットアップはこれまで 3 月に 2022 年に第 1 回出荷を開始します。ネットアップは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド向けストレージソフトウェアのリーダーとして、アプライアンスベースの HCI ソリューションからソフトウェアベースおよびソフトウェア定義型ソリューションへの移行を進めており、ネットアップの強みと投資を最大限に活用できます。ネットアップは、サードパーティ製コンピューティングとの連携を通じて、仮想化およびコンテナ化されたワークロード向けのストレージおよびデータ管理分野における強みを活用しています。

• 長期的な計画の一環として、 NetApp HCI の H410C 、 H610C 、 H615C のコンピューティングノード、および H410S ストレージノードが 2022 年 3 月に導入されました。この 1 年間の高度な可用性により、お客様は既存の導入と計画で引き続き NetApp HCI プラットフォームを購入できます。

 

Q1.2 : NetApp HCI はどれくらいの期間サポートされますか。

• NetApp HCI プラットフォームの販売は 2022 年 2 月まで継続され、最終出荷は 2022 年 3 月に行われます。これには、コンピューティングとファームウェア / BIOS ソフトウェアのサポートが 2025 年 3 月まで、ハードウェアのサポートが 2027 日まで含まれます。お客様は、 HCI を解決策として引き続き導入し、その期間を通じて完全なサポートを受けることができます。NetApp HCI のサポートスケジュールに合わせて、サポート契約を延長できます。

• NetApp Deployment Engine ( NDE )および Hybrid Cloud Control ( HCC )用のソフトウェア更新は、 2022 年 2 月まで続けられます。これらのソフトウェアパッケージは、 2025 年 3 月までネットアップでサポートされる予定です。

• H400 および H600 のファームウェアアップデートは、 2025 年 3 月まで提供されます。ハードウェアサポートは 2027 年 3 月まで提供されます。

 

Q1.3 :ネットアップがコンピューティングノードビジネスを終了することを決定したのはなぜですか?

• 4 年前に NetApp HCI を発表したとき、当社は当時もし私たちは、エンタープライズ IT にとって最も重要な課題は、ハイブリッドクラウド環境やマルチクラウド環境でのアプリケーションデータの管理を支援することです。長年にわたり、オンプレミスのハイパーコンバージドインフラを標準化するために、業界標準の一連のサーバプラットフォーム(コンピューティング)を対象に、ソフトウェアを検討してインフラのプロビジョニングとライフサイクルを行ってきました。ネットアップはこの変化を目の当たりにしており、 Software-Defined ソリューションの開発に多くの投資を行っています。そこで、市場のオンプレミス HCI アプライアンスの部分を移行し、リソースを Software-Defined ソリューションに集中できるようにしました。

Q1.4 :今回の発表で、ネットアップがお客様に 1 年間の通知を提供するのはなぜですか。

• ネットアップは、既存の NetApp HCI のお客様に、既存の環境を拡張するための十分な時間( 1 年)を提供することを発表しました。NetApp HCI ノードは、 2022 年 2 月 14 日まで購入可能です。

Q1.5 :今回の発表は、ネットアップの SolidFire と SolidFire ESDS にとってどのような意味を持ちますか。

• ネットアップの SolidFire ポートフォリオは、今回の発表の影響を受けません。ネットアップは、 SolidFire ESDS とストレージノードの革新、販売、サポートを継続します。NetApp HCI をご利用のお客様は、 NetApp SolidFire H610S ストレージノードを引き続き購入して、 HCI クラスタを拡張したり、導入期間を通じて Element ソフトウェアの更新を利用したりできます

Q1.6 :今後、お客様はコンピューティングリソースをどのように追加するのでしょうか。

• NetApp HCI コンピューティングノードは、 2022 年 2 月 14 日まで販売が継続され、最終出荷は 2022 年 3 月 14 日までに行われます。この日以降は、お客様はサードパーティのソースからコンピューティングリソースを購入する必要があります。NetApp HCI の分離型 HCI アーキテクチャはオープンアーキテクチャを実現するため、 VMware vCenter を介してサードパーティ製コンピューティングノードを管理対象 vSphere クラスタに追加し、既存の NetApp SolidFire ストレージクラスタに接続することができます。その他のノードも同様の構成であり、 vSphere 7.0 でクラスタの互換性をサポートしている必要があります。

• コンピューティングリソースを増やすベンダーを探すために、 HPE ( DL300 Gen10 、 Apollo 2000 Gen10 )、 Dell ( R640 、 R740 )、 Lenovo ThinkSystem サーバプラットフォームなどの業界をリードするサーバを推奨します。これらのプラットフォームは、ベンダーが検証したファームウェアとドライバのベースラインを提供します。このベースラインは、 vCenter の Update 管理を通じて適用し、 VMware との統合エクスペリエンスを実現できます。Cisco UCS は、 NetApp HCI 向けのサードパーティ製コンピューティングオプションでもあります。

Q1.7 :既存のお客様は NetApp HCI から移行する必要がありますか。

• この発表は、 2022 年 3 月以降にネットアップブランドのコンピューティングノードを販売する場合にのみ行われます。このプラットフォームは、 2025 年までにソフトウェアのサポートと 2027 年までのハードウェアのサポートを通じて引き続き完全にサポートされます。お客様は NetApp HCI のストレージを引き続き使用できます。この発表に伴い、別のストレージプラットフォームに移行する必要はありません。ストレージ機能は、 NetApp SolidFire 製品ラインと機能的には同じで、今後ストレージクラスタを拡張する際に使用できます。NetApp HCI との既存の VMware 統合は、 NetApp SolidFire 製品で利用できます。NetApp HCI およびネットアップの SolidFire 製品のストレージクラスタを支える Element ソフトウェアは、ネットアップデータファブリックに不可欠なコンポーネントであり、 FlexPod 、 All Flash FAS 、 FAS 製品などの ONTAP ベースのシステムへのデータ移動を可能にします。

Q1.8 :ハイブリッドクラウドのデータ管理を必要としている NetApp HCI のお客様に最適な、解決策の今後の導入はどのようなものですか。

• ネットアップのコンテナである NetApp Astra と Kubernetes ストレージ管理解決策 は、データ管理とストレージ機能を拡張しています。  クラウド環境とプラットフォームに関する最新情報について [1] は、導入モデルのドキュメントを参照してください。ネットアップのアストラがパブリッククラウドとプライベートインフラ上でデータサービスを直接提供できる場所については、こちらをご覧ください。

 

 

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?