メインコンテンツまでスキップ

Windows OS サーバから直接 iSCSI 接続を行う場合のベストプラクティスを教えてください。

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • Element ソフトウェア
  • Element ソフトウェアに直接接続された Windows サーバ

回答

構成ガイド

『 NetApp SolidFire Storage for Microsoft Windows Configuration Guide 』では、 Windows OS iSCSI 接続に固有のベストプラクティスの推奨事項と要件について詳しく説明しています。

このガイドでは、 Windows OS からエレメントストレージに iSCSI 接続する際に必要なタイミングの変更について説明します。

  • Windows での変更手順の詳細については、 16 ページの「 MPIO パスの選択の調整」を参照してください
タイムアウトに関する追加情報:

Windows のデフォルト設定はローカルディスク用に調整されています。  これは、さまざまなタイムアウトが非常に低く設定されているため、一時的な遅延に対して非常に低いトレランスが実現されることを意味します。  そのため、最低レベルのオブジェクトの設定したしきい値よりも長い時間を要する単一の IO が次のような原因になることがあります。

  • 失敗する IO
  • オフラインにするパス
  • クラッシュするアプリケーション
  • フェイルオーバーする( Windows )クラスタ

クラスタの設定によっては、パスがオンラインで購入されたかどうかによって、クラスタがアプリケーションリソースを再起動できない可能性があります。

ネットアップのエンジニアリングチームは、 VM を含む本番 Windows ホストに対して、次の変更を実施することをテストし、推奨しています。  VM が Hyper-V でホストされている場合は、 Hyper-V も変更する必要があります。

注 : これらの設定は、 Windows I/O スタックのさまざまなレイヤに対する耐性に影響します。ここでは、アプリケーション固有の設定はありません。  一部のアプリケーションには追加設定がある場合がありますが、これらの設定により、一時的な IO の問題の大半が Windows によってマスクされ、インストールされているすべてのアプリケーションにメリットが提供されます。

これらの設定は、 W2K8R2 と W2K12R2 の両方で有効です。  変更を有効にするには、ホストをリブートする必要があります。

これらの設定は、エレメントクラスタのアップグレード操作を開始する前に設定する必要があります。これにより、アプリケーションの障害やその後のダウンタイムが発生する可能性が大幅に低減されます。
 

パラメータ デフォルト 優先 キー
TimeOutValue 60 60 HKEY_LOCAL_MACHINE システム CurrentControlSetServicesDiskTimeOutValue
PDoremoveperiod を参照してください 20 120 hklmsystemCurrentControlSet サービス mpioparameterspDoremoveperiod
UseCustomPathRecoveryInterval を使用します 0 1 HKLMSystemCurrentControlSet サービス MPIOparAmetersCustomPathRecoveryInterval
PathRecoveryInterval .5 x PDO 60 HKLMSystemCurrentControlSet サービス MPIOparAmeterSpathRecoveryInterval
PathVerifyEnabled 0 1 HKLMSystemCurrentControlSet サービス MPIOparAmeterSpathVerifyEnabled
PathVerificationPeriod 30 30 HKLMSystemCurrentControlSet サービス MPIOparAmeterSpathVerificationperiod
MaxRequestHoldTime 60 90 HKLMSystemCurrentControlSetControlClass {4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}[1] <instance number> parametersMaxRequestHoldTime
LinkDownTime 15 35 HKLMSystemCurrentControlSetControlClass {4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}[2] <instance number> parametersLinkDownTime
enopout を有効にします 0 1 HKLMSystemCurrentControlSetControlClass {4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}[3] <instance number> parametersEnableOpOut

 

追加情報

ここにテキストを追加します。