メインコンテンツまでスキップ

グローバルファイルキャッシュ:事前取り込みジョブがトリガーされてからファイルの処理が開始されるまでに時間がかかるのはなぜですか

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
global-file-cache
Specialty:
bluexp
Last Updated:

環境

  • グローバルファイルキャッシュ( GFC )
  • 事前入力(PrePop)ジョブ   
  • TappNProcessingログ

回答

  • PrePopがトリガー されてから遅延があり、実際にファイルのフェッチが表示されている場合は、「ファイルタイプによるフィルタ」オプションが使用されていることを示しています。
  • これC:\Program File\TalonFast\FASTDebugLogs\Edge、にあるTappNProcessingログに表示されます。 
  • [ファイルの種類によるフィルタ ]オプションを使用すると、GFCは、Prepopに設定されているすべてのファイルをチェックし、取得して処理する必要があるファイルのリストを収集します。 
  • 次の例 \\gfc-jm-fs1\share6.jpgでは、含めるように設定されたファイルタイプで、事前入力ジョブが実行されるように設定されています。ジョブが実行されると、拡張子のタイプに関係なくすべてのファイルがチェックされ、.jpgすべてのリストが作成されます(このリストはメモリに書き込まれ、ログには表示されません)。すべてのファイルが確認されると、ジョブはtargetd.jpgファイルのフェッチと処理を開始します。 

clipboard_e25fab86d8b0603038d1e2a49d40b6311.png

  • リストを作成して実行を開始するまでの時間は、GFCで処理する必要があるオブジェクトの数によって異なります。 

 

追加情報

[ファイルタイプによるフィルタ]フィールドでは、大文字と小文字が区別されないようにしてください

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.