メインコンテンツまでスキップ

OpenStack : Cinder の CA 署名付き証明書を使用して HTTPS を有効にする方法

Views:
36
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
openstack
Specialty:
virt
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • OpenStack
  • ONTAP

説明

この記事では、 CA 署名付き証明書を使用して Cinder ボリュームバックエンドの HTTPS を有効にする方法について説明します。  このガイドのベースとなる環境は次のとおりです。

  • ONTAP 9.5
  • OpenStack Stein
  • OpenSSL CA(認証局)

注:この手順 は、OpenStackコントローラ(systemd環境)でOpenStackサービスがローカルで実行されている場合にテストしました。  この手順 は、コンテナ(kolla-Ansibleインストールなど)またはフローティングIPアドレスまたは仮想IPアドレスを使用する環境でOpenStackサービスが実行されている環境ではテストされていません。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.