メインコンテンツまでスキップ

OpenStack:Cinderスケジューラは、アクティブ/アクティブ環境で古い統計を使用します

Views:
13
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
openstack<a>2009311283</a>
Specialty:
virt
Last Updated:

環境

  • OpenStack(すべてのリリース)

問題

Cinderスケジューラは、etcdデータベースのような信頼できる「単一の真実のソース」を利用しません。  たとえば、次のように指定

  • を含むバックエンド統計 total_capacity_gbprovisioned_capacity_gbmax_over_subscription_ratio 情報。すべての情報は、各Cinderスケジューラのメモリにあります。  
  • ボリュームノードはCinderスケジューラノードにバックエンド統計情報の更新を定期的に送信します
  • ただし、次のような場合には、レース条件が可能です。
    • Cinderボリュームは数秒以内に作成されます
    • Cinderスケジューラの統計は、新しいボリューム作成要求を受信する前に更新されません
    • Cinderスケジューラでフィルタリングするバックアップストレージプール(Cinderスケジューラのデータ統計が最大である場合)にCinderボリュームを作成できます。
      • max_over_subscription_ratioこれには、で設定された上限を超えてバッキングストレージプールをプロビジョニングできる、が無視するシナリオが含まれます max_over_subscription_ratio
      • また、使用可能なスペースが多いプールよりも、ほぼフルのストレージプールが選択される場合もあります。  

この問題 は、汎用CinderドライバとネットアップCinderドライバの両方に影響します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.