メインコンテンツまでスキップ

OpenStack Nova を使用して SolidFire ボリュームでマルチパスを有効にする方法

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
openstack
Specialty:
solidfire
Last Updated:

環境

  • バージョン 16 および 18 を実行している Ubuntu システムの Nova で OpenStack マルチパス設定
  • OpenStack Nova で、非マルチパスからマルチパスへの環境の移行

概要

OpenStack を使用した SolidFire ボリュームでマルチパスを有効にする場合のベストプラクティス Nova バージョン 

問題の署名:
ElementOS/SolidFire ボリュームを正しく設定されていない状態でマウントしようとすると、クライアント VM がハングします。
これは Ubuntu -16 および 18 で動作する既知の問題であり、バージョン 20 で修正されています。問題は、 SolidFire ボリュームの IQN が長すぎることが原因で発生します。 

現在のバグ: Ubuntu 18.04
Nova database フィールドに multipathd の長い iSCSI ターゲット名でハングアップ connection_infotarget_portalます。フィールド '' (マルチパスでない)を含むディクショナリがあります。その辞書には他のフィールドもあります。

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.

 

  • この記事は役に立ちましたか?