メインコンテンツまでスキップ

Windows OSサーバから直接iSCSI接続を行う場合のベストプラクティスを教えてください。

Views:
329
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
hci
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • Elementソフトウェア
  • Elementソフトウェアに直接接続されたWindowsサーバ

回答

構成ガイド

NetApp SolidFireストレージ(Microsoft Windows)構成 ガイド には、 Windows OSのiSCSI接続に固有のベストプラクティスの推奨事項と要件が詳しく記載されています。

このガイドで は 、Windows OSからElementストレージへのiSCSI接続を確立する際に必要となるタイミングの変更について説明します。

  • Windowsで変更を行う手順の詳細については、16ページ以降の「MPIOパス選択のチューニング」を参照してください。
追加情報On time-outs:

Windowsのデフォルト設定はローカルディスク用に調整されています。  これは、さまざまなタイムアウトが非常に低く設定されていることを意味し、一時的なレイテンシーに対する許容値が非常に低くなります。  そのため、1つのIOが最低レベルのオブジェクトに設定されたしきい値よりも長くかかる場合、原因は次のことを実行できます。

  • 失敗するIO
  • オフラインにするパス
  • クラッシュするアプリケーション
  • フェイルオーバーする(Windows)クラスタ

クラスタの設定によっては、パスがオンラインに戻される場合とされない場合があり、クラスタがアプリケーションリソースを再起動できなくなる可能性があります。

NetApp エンジニアリングでは、VMを含む本番Windowsホストに対して、次の変更をテストして推奨しています。  VMがHyper-Vでホストされている場合は、Hyper-Vにも変更を加える必要があります。

注:これらの設定は、Windows IOスタックのさまざまなレイヤーに対する耐性に影響します。ここにはアプリケーション固有の設定は含まれていません。  一部のアプリケーションには追加の設定がある場合がありますが、これらの設定により、一時的なIOの問題の大部分がWindowsによってマスクされ、インストールされているすべてのアプリケーションにメリットがあります。

これらの設定は、W2k8r2とW2k12r2の両方に有効です。  変更を有効にするには、ホストをリブートする必要があります。

これらの設定は、Elementクラスタのアップグレード処理を開始する前に設定する必要があります。これにより、アプリケーションの障害やその後のダウンタイムが発生する可能性を大幅に減らすことができます。
 

パラメータ デフォルト 優先 キー
TimeOutValue 60 60 HKEY_LOCAL_MACHINESystem CurrentControlSetServicesDiskTimeoutValue
PDORemovePeriod 20 120 HKLMSystemCurrentControlSetサービスmpioParametersPDORemovePeriod
UseCustomPathRecoveryInterval 0 1 HKLMSystemCurrentControlSetサービスmpioParametersUseCustomPathRecoveryInterval
PathRecoveryInterval 0.5 x PDO 60 HKLMSystemCurrentControlSetサービスmpioParametersPathRecoveryInterval
PathVerifyEnabled 0 1 HKLMSystemCurrentControlSetサービスmpioParametersPathVerifyEnabled
PathVerificationPeriod 30 30 HKLMSystemCurrentControlSetサービスmpioParametersPathVerificationPeriod
最大要求保留時間 60 90 HKLMSYSTEMCurrentControlSetControlClass{4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318[1]}<Instance Number>パラメータMaxRequestHoldTime
LinkDownTime 15 35 HKLMSYSTEMCurrentControlSetControlClass{4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318[2]}<Instance Number>パラメータLinkDownTime
イネーブルNOPOUT 0 1 HKLMSYSTEMCurrentControlSetControlClass{4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318[3]}<Instance Number>パラメータEnableNOPOut

 

追加情報

  • LinkDownTime 設定:iSCSIの場合のみ、LinkDownTime設定では、ターゲットへの接続が失われた場合に要求がデバイスキューに保持され、再試行される最大時間(秒)を指定します。
  • MPIOがインストールされている場合は、この値が使用されます。MPIOがインストールされていない場合は MaxRequestHoldTime 、代わりにが使用されます。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.