メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP 8 でアグリゲート Snapshot を無効にする方法

Views:
389
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • clustered Data ONTAP 8.3

説明

clustered Data ONTAP でのアグリゲートレベルの Snapshot のデフォルトの設定は次のとおりです。

  • aggregate option nosnap=off
  • aggregate option snapshot_autodelete=on
  • aggregate snapshot schedule is 0 1 4@9,14,19
  • aggregate snapshot reserve is 0

上記の構成では、スナップショットが作成され、スケジュールに従って保持されます。アグリゲートがいっぱいになると、 Data ONTAP は Snapshot の削除を自動的に開始します。アグリゲート Snapshot 用のスペースはリザーブされません。

Data ONTAP 8.3.1以降では、Data ONTAPコマンドライン インターフェイス(CLI)でアグリゲートSnapshotコピーを作成することはできなくなりました。

  • アグリゲートSnapshotコピーは、SyncMirrorおよびMetroClusterテクノロジをサポートする目的でのみ使用されます。データ保護には使用しないでください。
  • Data ONTAP 8.3以降のバージョンで作成したアグリゲートでは、Snapshotコピーの作成がデフォルトで無効になります。
  • 既存のアグリゲートで Snapshot コピーの作成が有効になっている場合は、ノードシェルで次のコマンドを使用して無効にする必要があります。

aggr options aggr_name nosnap on

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.