メインコンテンツまでスキップ

「storage disk show」コマンドで表示される「Disk Owner」と「Data Owner」の用途は何ですか?

Views:
39
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

  • ディスク所有者
    • フェイルオーバーとフェイルバック:

ストレージシステムでは、通常、高可用性を提供するために、複数のコントローラがアクティブ/アクティブまたはアクティブ/パッシブ構成で構成されます。ディスク所有者はフェイルオーバープロセスで使用されます。一方のコントローラがダウンした場合、もう一方のコントローラがディスクの所有権を取得してサービスを継続できるようにすることで障害に対処します。フェイルバック中、ディスクがリカバリされると、ディスクの所有権が元のコントローラにリバートされます。

  • 負荷分散:

ストレージシステムでは、ディスク所有者を変更すると、I/O負荷をコントローラ間で均等に分散できます。これにより、全体的なパフォーマンスが最適化され、ボトルネックが防止されます。

  • メンテナンス:

システムのメンテナンス時にコントローラのシャットダウンが必要になった場合、そのコントローラが所有するディスクの所有権を別のコントローラに移すことで、メンテナンス期間中もデータアクセスが維持されます。

 

  • データ所有者(パーティション所有者)

 

  • データ管理:

ストレージシステム内のディスクは多くの場合パーティショニングされ、パーティションごとに異なるデータセットを格納できます。パーティション所有者は、特定のパーティション内のデータに対するI/O操作を管理および実行する責任があります。これは、特定のデータセットのアクセスとパフォーマンスを最適化するために使用されます。

  • Storage Efficiency:

パーティションの所有者を利用することで、データの配置とアクセスパターンを最適化し、ストレージ効率を向上させることができます。たとえば、アクセス頻度の高いデータを特定のパーティションに集約して、パフォーマンスを向上させることができます。

追加情報

AdditionalInformation_text
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.

 

  • この記事は役に立ちましたか?