メインコンテンツまでスキップ

OnCommand 製品とその機能を識別する方法

Views:
613
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-system-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • ActiveIQ Unified Manager ( AIQUM )
  • OnCommand Unified Manager ( OCUM )
  • OnCommand System Manager ( OCSM )
  • OnCommand Unified Manager コア( DFM )
  • OnCommand Insight ( OCI )
  • OnCommand Insight データウェアハウス( DWH )
  • Cloud Insights ( CI )
  • OnCommand Workflow Automation(WFA)
  • NetApp サービスレベルマネージャ( NSLM )
  • OnCommand API サービス( API )( EOVS )
  • Microsoft System Center ( OCPM )用 OnCommand プラグイン( EOVS )
  • OnCommand パフォーマンスマネージャ( OPM )( EOVS )

注: サポートされなくなった製品は、End of Version Support(EOVS)とマークされます。製品の識別に役立つ参考資料として、ここに記載されています。

注: OnCommand システムマネージャ(OCSM)がONTAP システムマネージャに変更されました

回答

System Manager

説明 : System Manager は、 Web ブラウザからストレージシステムとストレージオブジェクトを管理できるグラフィカルな管理インターフェイスです。

  • ストレージシステムと HA 構成を監視および管理 する
  • NAS 環境と SAN 環境のストレージをプロビジョニング
  • CIFS 、 NFS 、 iSCSI 、 FC 、 FCoE などのプロトコルを設定する
  • SnapMirror®®関係と SnapVault 関係を作成および管理します
  • Storage Virtual Machine ( SVM 、旧 Vserver)の作成と管理

: OnCommand System Manager 3.1.3 (外付け)のサポートポリシーは、 NetApp Data ONTAP 7-Mode のサポートポリシーと一致しています。この製品は、 2020 年 12 月 31 日まで完全にサポートされ、 2022 年 12 月 31 日まで提供されます。このパッケージは、 2022 年 12 月 31 日以降、ネットアップサポートサイトからダウンロードできなくなります。
CPC-00248 のサポートポリシーおよびサポート終了: NetApp OnCommand System Manager 3.1.3
CPC-00327 OnCommand System Manager 3.1.3

Note2 での Adobe Flash Deprecation Impact : System Manager ( Onbox )のサポートポリシーは、対応する ONTAP バージョンのサポートに従います。[1] サポートされている ONTAP バージョンの詳細については、ソフトウェアバージョンのサポートページを参照してください。

OnCommand System Manager 3.x (外付け)の開始ページ

OCSM_START_PAGE

Data ONTAP 7-Mode コントローラ用の OnCommand System Manager 3.x (外付け)ダッシュボード

OCSM_7M_ダッシュボード

OnCommand System Manager 8.3 (オンボックス)

OCSM_8x_dashboard

OnCommand System Manager 9.0 から 9.2 (オンボックス)

OCSM_90_dashboard

OnCommand System Manager 9.3 から 9.5 (オンボックス)

OCSM_9x_dashboard

ONTAP System Manager 9.6 、 9.7 ( Onbox )クラシック表示

OCSM_96_dashboard

ONTAP System Manager 9.6 以降(オンボックス)の新しいエクスペリエンス

OCSM_96_NEXT

Active IQ Unified Manager

説明: NetApp ActiveIQ Unified Manager は、 NetApp ONTAP システムに包括的な監視機能とキー管理機能を提供するグラフィカルな管理製品で、次の管理を支援します。

  • 可用性
  • 容量
  • 保護
  • パフォーマンス

どちらの Unified Manager リリースでも、監視対象ストレージに関するレポートとアラートを作成できます。アクティブな IQ Unified Manager にはライセンスは必要ありません。

Data ONTAP Unified Manager for clustered OnCommand ( OCUM 7.0 、 7.1 )はオプションで 統合できますOnCommand パフォーマンスマネージャ ( OPM )を使用:
OCUM が OPM に統合されている場合、グリッドの Health ドロップダウンに Performance と表示されます。OPM に直接アクセス できるのは、 OCUM と統合されていない場合のみです。

ocum_71_not_paired_dashboard

コマンド Unified Manager for clustered Data ONTAP ( OCUM 7.2 、 7.3 、 9.4 )

ocum_72_dashboard

Active IQ Unified Manager 9.6 ( AIQ UM 9.6 以降)

aiqum_96_dashboard

ActiveIQ Unified Manager 9.7 以降 ( AIQ UM 9.7 、 9.8 )

aiqum_98_dashboard

OnCommand Unified Manager コア DFM

説明: OnCommand Unified Manager Core Package は、ポリシーベースの統合データ管理機能とストレージ管理機能を提供します。このソリューションでは、複数の機能を 1 つにまとめ、ポリシーベースのデータとストレージの管理を 1 つに統合しています。

  • Operations Manager
  • 保護
  • プロビジョニング

どちらの Unified Manager リリースでも、監視対象ストレージに関するレポートとアラートを作成できます。OnCommand Unified Manager Core はライセンス製品です。無償ライセンスは、ネットアップアカウントチームにお問い合わせください。OnCommand Unified Manager コアパッケージのライセンスキーの取得方法については、技術情報アーティクルを参照してください。

: OnCommand Unified Manager 5.x が 2021 年 4 月 30 日に限定サポートに移行され、 2022 年 12 月 31 日にセルフサービスサポートに提供されます。期間限定のサポート期間中は、サービスの更新やセキュリティパッチは提供されません。
CPC-00322 OnCommand Unified Manager 5.x
CPC-003944 の販売終了に関する Adobe Flash の減価償却による影響: OnCommand Unified Manager 5.x

OnCommand Unified Manager Core ( DFM 5.x )コンソール

dfm_dashboard_new

OnCommand Unified Manager コア( DFM 5.x ) Operations Manager (従来の UI )

dfm_dashboard_old

OnCommand Unified Manager コア( DFM 5.x ) NetApp Management Console ( NMC3.x )

dfm_dashboard_NMC

OnCommand Insight

説明: OnCommand Insight は 、パブリッククラウドとプライベートクラウドおよび従来のオンプレミス環境でハイブリッド IT インフラを簡単に運用管理できるように設計されています。OnCommand Insight は、企業全体でインテリジェントな運用とビジネスインサイトを提供します。また 、コストの合理化と最適化 を実現し、リスクを軽減するほか、マルチベンダーのシステム、ネットワーク、ストレージからなるインフラ全体の高度なトラブルシューティングと分析を可能にするとともに、環境のあらゆる側面についてレポートを作成、カスタマイズできる機能も備えています。

OnCommand Insight ( OCI 7.x )

oci_dashboard

OnCommand Insight データウェアハウス ( DWH 7.x

dwh_dashboard

OnCommand Insight Reporting Portal 7.0 ~ 7.3.2 ( DWH Cognos レポート)

dwh_reportingを参照してください

OnCommand Insight レポートポータル7.3.3+(DWH Cognosレポート)

dwh_reporting_7310

Cloud Insights

説明: NetApp Cloud Insights は、インフラ全体を可視化できるクラウドインフラ監視ツールです。Cloud Insightsを使用すると、パブリック クラウドやプライベート データセンターを含む、すべてのリソースの監視、トラブルシューティング、最適化を実行できます。

Cloud_Insights

OnCommand Workflow Automation

説明 : OnCommand Workflow Automation ( WFA )は、繰り返し可能なすべてのストレージ管理タスクとサービスタスクを自動化して委譲できる強力なフレームワークです。ネットアップのストレージインフラにおいて、ベストプラクティスの効率性、柔軟性、再現性を実現します。WFA には 、あらかじめ定義さ れた基本のビルディングブロックが用意されています。お客様の具体的なシナリオに合わせて、ワークフローテンプレートをカスタマイズおよび拡張することもできます。REST Service API 機能により 、オーケストレーションアプリケーションから WFA ワークフローを開始することもできます。 WFA は、サードパーティ製アクションの統合ポイントとしても機能します。
 
注: OnCommand Workflow Automation ( WFA )は 2022 年 1 月にリリースが終了する予定です。WFA をご利用のお客様は、 Workflow Automation 5.1 が 2025 年 1 月までフルサポートの対象となるバージョンになります。WFA の重要な製品および潜在的なセキュリティの問題に対する修正は、サポートポリシーに従って対処されます。®® clustered Data ONTAP ストレージ管理ワークフローパックは、 2021 年末までの ONTAP リリース予定です。今後のリリースは予定されておらず、 Workflow Automation 5.1 は 2025 年 2 月 1 日にサービス終了フェーズに入ります。
CPC-00298 販売終了: OnCommand Workflow Automation

OnCommand Workflow Automation ( WFA 4.x )

wfa_dashboard

OnCommand Workflow Automation HTML5 インターフェイス ( WFA 5.0 )

wfa_dashboard_HTML5

OnCommand Workflow Automation ( WFA 5.1 )

wfa_dashboard_51

NetApp Service Level Manager

説明: NetApp Service Level Manager ( NSLM )を使用すると、パフォーマンスサービスレベルとストレージ効率化ポリシーに基づいてストレージインフラを管理できます。NSLM を使用 すると、既存および新規の NetApp ONTAP ソフトウェアベースのストレージシステムからストレージをサービスとして提供できます。 データをオンプレミスに保持するための利便性、セキュリティ、管理性を維持しながら、リソース利用率の向上と運用コストの削減を実現できます。NSLM は、ストレージ プロバイダ の API、および GUI を提供 し、データセンターのストレージワークロードのプロビジョニング、監視、管理を行います。

注:

NetApp Service Level Manager ( NSLM )管理ポータル

nslm_admin

NetApp Service Level Manager REST API ( Swagger / ドキュメントポータル)

nslm_swagger

OnCommand API サービス( EOVS )

説明: OnCommand API Services は、パートナーアプリケーションが ONTAP 、 Cloud ONTAP 、および ONTAP Select システムで、指定されたデータストレージのプロビジョニング、監視、および情報取得操作を実行するためのプログラムによる要求を発行できる API を提供します。

[2] :本製品のバージョンサポートは 2021 年 4 月 30 日に終了しました。
CPC-00263 販売終了: OnCommand API サービス

OnCommand API サービス( API – S または API ) Admin Portal 1.1

api - s_admin_old

OnCommand API サービス管理ポータル 2.1以降
バージョン 1.2 では、管理ポータルの URL が /
api-admin からに変更されています /admin

api-s _admin

OnCommand API Services REST API ( Swagger/Documentation Portal )

api-s_swagger

Microsoft 向け OnCommand プラグイン( EOVS )

説明: OnCommand Plug-in for Microsoft は、ストレージの構成、監視、管理に使用できるツールです。このプラグイン には、 Microsoft System Center Operations Manager ( SCOM )、 SCOM 2012 R2 、 SCOM 2016 用の管理パックが含まれています。 SCOM の管理パック を使用して、アラートを監視および受信できます。

[3] :この製品は、 2020 年 6 月 30 日にバージョンのサポートが終了しました。
CPC-00187 は、すべてのののバージョンのサポート終了を発表します NetApp OnCommand Plug-in for Microsoft のバージョン

ocpm_dashboard

OnCommand Performance Manager(EOVS)

説明: ONTAP Performance Manager は、ネットアップの OnCommand ソフトウェアを実行するシステムのパフォーマンス監視とイベントの根本原因分析を可能にします。 OnCommand Unified Manager に組み込まれているパフォーマンス管理機能です。

  • クラスタコンポーネントを過剰に消費しているワークロードや 、クラスタ上のその他のワークロードのパフォーマンスを低下させているワークロードを特定できます。
  • アラートが表示 されます。これにより、対処してパフォーマンスを通常動作に戻すことができます。
  • Performance Manager の UI でイベントを表示および分析したり、 Unified Manager の UI でイベントを表示したりできます。

OnCommand パフォーマンスマネージャ( OPM 7.x ) - OCUM
ノート 1 と統合されていない - OPM が OCUM と完全に統合されている場合 、 OPM からは UI にアクセスできません 名前 または IP アドレス。OCUM に移動 して、グリッドのドロップダウンから「 Performance 」を選択します。
注 2 - OnCommand パフォーマンスマネージャの バージョンサポートは 2018 年 12 月 31 日に終了しました。
OPM の機能 は、すべて OnCommand Unified Manager 7.2 以降および Active IQ Unified Manager 9.6 以降に統合されています。
CPC-00056 : OnCommand Unified Manager と OnCommand のパフォーマンスに関するアップグレードの推奨事項 バージョンのサポートが終了したバージョンの Manager

opm_not_paired_dashboard

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.