メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager 5.xを使用した7-Mode perfstatのトリガー方法

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
legacy<a>翻訳の場合</a>
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 7以前
  • OnCommand Unified Manager 5.x

説明

Performance AdvisorはOnCommand Unified Manager(DFM)の一部であり、基本的にはData ONTAPのカウンタマネージャに定期的に接続し、それらのサンプルをOnCommand Unified Managerサーバに格納します。複数のコントローラに対して設定できます。これにより、管理者はパフォーマンスデータ用のグラフィカルフロントエンドを使用でき、履歴を保持、レポート、アラート通知することもできます。

Performance Advisorが設定されている場合は、常にバックグラウンドで実行されます。一方、Perfstatでは、Data ONTAPのパフォーマンスに関する非常に詳細な情報が提供されます。通常、特定のコントローラのパフォーマンスの詳細な表示が必要な場合は、アドホックで実行されます。Perfstatではより詳細な情報が提供されますが、すべてのコントローラのデータが常に収集されるわけではありません。

Performance Advisorの重要な機能は、ポーリングして特定のシナリオを探し、Perfstat収集をトリガーすることです。これにより、手動のperfstatを使用するのではなく、イベントが発生したときに詳細を取得できます。たとえば、特定のパフォーマンス特性を定義し、次にその特性が検出されたときにperfstatが自動的に開始されるプロセスがあります。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.