メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Unified Manager 仮想アプライアンスで使用されているディスク

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager 7.x、9.x(UM)
  • Active IQ Unified Manager 9.x(UM)

回答

UM仮想アプライアンス(vApp)には、デフォルトで4本の仮想ドライブがあります

  • Disk 1:rootfs(デフォルトは60GB)
  • ディスク2:スワップ(デフォルトは12GB)
  • ディスク3:データ(デフォルトは50GB)
  • ディスク4:Jailドライブ(デフォルトは30 GB)

ディスク1 には、他のファイルシステムがマウントされるファイルシステムの最上位ディレクトリであるルートファイルシステムが含まれています。また、Debian LinuxカーネルとUMログファイルのブートに必要なファイルも含まれています 

ディスク2 は、仮想メモリ拡張に使用される領域です

ディスク3には 、主にデータベースとUMデータベースのバックアップファイルが格納されます

ディスク4は 、主にサポートバンドルを格納するために使用されます

追加情報

  • スワップドライブ(ディスク2)とデータドライブ(ディスク3)のみを拡張できます。Unified Managerの バックアップとリストア機能を使用する場合は、に容量を追加で割り当てますdataディレクトリまたはディスクに150GBのスペースがある

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.