メインコンテンツまでスキップ

Microsoft SQL ServerおよびMicrosoft ExchangeのLUNには、どのNTFS割り当て単位のサイズを使用する必要がありますか。

Views:
25
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapdrive-for-microsoft-sql-server-2000
Specialty:
san
Last Updated:

環境

SnapDrive

回答

Microsoft SQL Server および Microsoft Exchange の論理ユニット番号( LUN )を作成またはフォーマットする際に使用する NTFS 割り当て単位のサイズ(クラスタサイズまたはブロックサイズとも呼ばれる)はどれですか?顧客に混乱を引き起こした意見がいくつかあります。

この記事の目的は、問題を明確にし、検証し、具体的なデータに基づいてネットアップのベストプラクティスに関する推奨事項を再確認することです。

バックグラウンド
でネットアップは、 LUN の作成、接続、拡張、管理に SnapDrive を使用することを常に推奨してきました(参照(1)Windows ホスト用の LUN を作成する場合、 SnapDrive では、デフォルトの NTFS 割り当て単位である 4KB の LUN (参照{2}

一方、 Microsoft では、 SQL Server に 64KB の割り当て単位サイズを推奨しています ( 参照3) 、 Exchange 2007 (参照4) 、および Exchange 2010 (参照5

4K または 64K ですか?NTFS 割り当て単位のサイズに関して、ネットアップと Microsoft の推奨事項に明確な不一致がある場合、どのように解決すればよいですか。

テストと結果
:ネットアップストレージに対して、 4K および 64K の割り当て単位のサイズと、 SQL Server 、 Exchange 2007 、 Exchange 2010 のパフォーマンスへの影響を比較するために、いくつかのテストを実行しました。Iometer は、 SQL Server 、 Exchange 2007 、および Exchange 2010 の一般的なデータアクセスパターンをシミュレートしました。結果を以下にまとめます。

  1. ランダムリード / ライトテスト(転送サイズ =8KB ) - 割り当て単位の 4K と 64K のサイズの違いは、ランダムリードでは 2% で、ランダムライトでは 2% 未満です。
  2. シーケンシャルリード / ライトテスト(転送サイズ = 64KB ) - 割り当て単位の 4K と 64K のサイズの違いは、シーケンシャルリードでは 4% 、シーケンシャルライトでは 1% 以下です。

テスト結果から、割り当て単位のサイズが 4K で 64K の場合とパフォーマンスの違いが、ネットアップストレージでごくわずかです。個々の結果は実際の環境によって異なる場合があり、それ以外のストレージプラットフォームでは異なる結果が得られる場合があります。

以上の
結果を確認し、 SnapDrive を使用して SQL Server および Exchange の LUN を作成、拡張、管理することをネットアップが推奨していることを再確認します。


: Microsoft の推奨事項はネットアップ以外のストレージにも適している可能性があるため、この設定は、 Microsoft が 64KB の割り当てサイズを使用することを推奨するものではなく、矛盾しないものとします。実際、 Microsoft は次のように述べています。

ストレージベンダーの推奨設定を常に使用してください。推奨設定がないストレージベンダーの場合は、 64KB を使用してください。

関連リンク:

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.