メインコンテンツまでスキップ

OCI で QoS 待ち時間フィールドを収集する方法と場所を教えてください

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-insight
Specialty:
oci
Last Updated:

環境

7.3.9 OnCommand Insight

回答

OCIでは、「workload_queue_nblade」オブジェクトを使用してQoS待機時間を収集し、そこから「delay_qos_limit_wait_time」を抽出します。
要求は次のようになります。
<<リクエスト>>
xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxx-xxxx-xxxx-xxxxxx-xxxxxx-xxxx-xxxxxx-xxxx-xxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
workload_queue_nblade
delay_qos_limit_wait_time
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
XXXXXXXX-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxx
<<要求>>
返される応答は次のとおりです。
カウンタ情報:
QoS制限の未加工の待機時間。単位はマイクロ秒です。
false
delay_qos_limit_wait_time
診断
デルタ、ゼロ値なし
マイクロ秒

追加情報

OCIでは、このように待ち時間を認識しています。QoSポリシーが原因で待機に費やされた時間であるため、応答の遅延(QoSスロットリングによる可能性があります)を表している必要があります。
NetApp Cmodeの場合は、カウンタ「delay_qos_limit_wait_time」から、内部ボリューム上のworkload_queue_nbladeオブジェクトに対してポーリングされます。
OCIでは、エンドユーザが読みやすいように、バックグラウンドでマイクロ秒単位がミリ秒単位に変換されます。
OCIでポーリング時間がどのように設定されているかによって、QoS Wait Timeに何が表示されるかによって、収集された合計時間の平均値が異なります。

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.