メインコンテンツまでスキップ

VASA Provider:NetAppユニファイドアプライアンス(UA)をアップグレードすると、データストアのプロビジョニング時にユーザ定義のストレージ機能プロファイル(SCP)を使用できなくなる

Views:
19
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere<a>VSC</a><a> VASA Provider </a>
Specialty:
virt
Last Updated:

環境

  • NetAppユニファイドアプライアンス(UA)9.x
  • VMware vSphere 6.x

問題

UAでインプレースアップグレードを実行すると、ユーザが作成したSCPはデータストアのプロビジョニング中に使用できなくなります。これは次の状況で発生します。

  • メジャーバージョン間のアップグレード、9.6 > 9.7
  • マイナーバージョン間のアップグレード、9.7>9.7P1

この場合、アップグレード前に3つのユーザ作成SCPが作成されています。

any_scp_template

customer_template

customer_template_2

VMware vSphere

アップグレード後、データストアプロビジョニングウィザードの選択可能なSCPのリストにデータストアが表示されなくなります。

VMware vSphere

SCPは VSC >[Storage Capability Profile]に表示されますが、 [Update][Clone]のオプションは グレー表示されます。

VMware vSphere

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.