メインコンテンツまでスキップ

SnapCenter リポジトリのバックアップ中またはダンプ後に、ストレージの Snapshot を作成する理由

Views:
36
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapcenter
Specialty:
snapx<a>リポジトリバックアップ</a><a>2008774834</a><a>for -翻訳</a>
Last Updated:

環境

SnapCenter Server

回答

ネットアップは、ダンプの場所がネットアップストレージのVMDK(またはiSCSI LUN)にある必要があります。 また、SnapCenter Serverをホストとして単独で追加し、Windows Plug-inをインストールする必要があります。これは、ネットアップがデータがSnapshot内にないかぎり、バックアップとはみなされないためです。
 
スナップショットは、スナップショットがVMDK上にある場合、バックアッププロセスの一環として、NFSまたはVMFS LUNデータストアのONTAP ボリューム上に作成されます。
:VMDKを使用するには、SnapCenter VMを管理するvCenterでSnapCenter Plug-in for VMwareを使用する必要もあります。
 
ONTAP VMwareデータストア上のSnapshotが必要ない場合は、次の2つの方法があります。
  1. PowerShellのrepository backupコマンドは使用しないでください。代わりに、ダンプファイルを管理して独自のダンプを作成すると、ネットアップストレージの要件が失われます。
  2. Windows iSCSI イニシエータを使用して、ダンプの場所を専用ボリュームの iSCSI LUN に移動します。これにより、 SnapCenter VM のデータストアは対象から除外されます。

追加情報

PowerShellコマンドProtect-SmRepositoryを使用 "MYSQL_Backup_SC_RepositoryMYSQL_Backup_SC_Repositoryしてリポジトリのバックアップを追加すると、「」という非表示のリソースグループ、および「」というポリシーが作成されます。このポリシーでは、バックアップの実行がWindowsでスケジュールされているSnapCenter ベースのタスクが実行されます(そのため、Snapshotがそのリソースグループ名で開始されます)。

SnapCenter タスクには番号が付けられたリソースグループとポリシー参照が含まれているため、リポジトリバックアップのタスクを検索するには、これらのすべてのタスクから XML を抽出し、これらの特定のリソースグループまたはポリシー名を検索する必要があります。
 
SnapGhersは、完全なXML出力を含むタスクスケジューラテキストファイルを作成します。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.