メインコンテンツまでスキップ

Eシリーズストレージシステムのメディアスキャンとは

Views:
123
Visibility:
Public
Votes:
2
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 6.xx
  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 7.xx
  • Eシリーズコントローラファームウェア8.xx

回答

システムに影響がある場合はActive IQを確認してください

  • メディアスキャンは、有効にすると、アイドル時間中に実行され、ボリューム内の物理ディスクをチェックするプロセスです。
    • セクターが読み取り可能であることを確認するために機能し、 冗長性チェックが有効になっている場合は、RAIDパリティの整合性をチェックします。
    •  セクタやデータパリティの不一致に関する問題が検出された場合、 それらはメジャーイベントログ(MEL)に報告され、ユーザーが問題を認識できるようになります。 
  • プロセスは事前に設定された速度で実行されます。
    • たとえば 、有効にするときに30日の間隔を選択した場合(この間隔はカスタマイズ可能です)、 完了までに30日かかる間隔でボリュームがスキャンされます。
    • ただし、メディアスキャンはアイドル時間にしか実行されないため、メディア スキャン処理よりもホストIOが優先されるため、実際に完了するまでの時間が長くなることがあります。
    • 処理が完了すると自動的に 再起動されるため、バックグラウンドのドライブが常にチェックされます。
  • この制限事項は 、コントローラがドライブのエラーを含む部分をスキャンするまで問題が検出されないことです。
    • したがって、 ドライブが最後にスキャンされてから1日後に不良セクタまたは破損が発生した場合、 次回スキャンが ドライブのその領域で実行されるまで(または他の操作中にエラーが検出されるまで)、ドライブは検出されません。
  • ホストIOに対するパフォーマンスへの影響はほとんどありません。
    • メディアスキャンはホストIOを優先するために一時停止しますが、 メディアスキャン からI/Oの処理に切り替わるまでの初期応答時間が非常に長くなることがあります。
    • ほとんどの目的のために、これは目立ちません。
  • MELで報告されたメディアスキャンエラー

報告されたエラー

説明

結果

リカバリされていないメディアエラー

1回目の試行、または2回目以降の再試行でデータを読み取ることができませんでした。

3つの試行のいずれかが成功すると、データがホストに返されます。

RAID 0以外の読み取り再試行が失敗した場合は、VDD修復を使用してエラー修正を試行します。

リカバリされたメディアエラー

ドライブは要求されたデータを最初に読み取ることはできませんでしたが、次の試行では成功しました。

データがドライブに書き込まれ、検証されます。

冗長性の不一致

冗長性エラーが検出されました。

論理ドライブで検出された最初の10個の冗長性の不一致が報告されます。オペレーティングシステムのデータチェック処理を実行する必要があります。

修正不可能なエラー

データを読み取ることができず、パリティまたは冗長性情報を使用してデータを再生成できませんでした。

エラーが報告される。

追加情報

VDD の修復:

  1. VDD修復は、RAIDストライプからデータを読み取り、ストライプからパリティを読み取ります。

  2. VDD修復は、ドライブの読み取り不能セクターに存在するデータをストライプのデータ+パリティから計算します。

  3. データがストライプの残りのデータとパリティから正常に再構成された場合、読み取りはホストに返されます。

  4. VDD修復が正常に完了すると、Write Verify SCSI処理が実行されます。これにより、再構成されたデータが読み取り不能セクターに書き込まれ、すぐに読み取り戻されます。

  5. VDD修復に失敗した場合(RAID 5内の別のドライブでの読み取り不良が原因でデータを再構成できない場合、またはRAIDグループがデグレード状態になっている場合(冗長性が不足している場合)、 次に、RAIDボリューム内の影響を受けるLBAが「読み取り不能セクター」としてマークされ(USMログに記録されます)、ホストにエラーが返されます。この時点に達すると、そのLBAのデータは失われます。

  6. バックグラウンドでは、ドライブの「不良」セクターに対する書き込み検証を実行すると、ドライブファームウェアによって物理セクターが再割り当てされます(Eシリーズコントローラに対して透過的)。

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.