メインコンテンツまでスキップ

Element のストレージまたは管理のクロックスキューを特定する方法 ノード

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

  • Element 管理ノード( mNode ) - 任意のバージョン
  • Element ソフトウェアを実行しているネットアップストレージノード - 任意のバージョン

説明

クロックスキュー( 2 つのシステム間の内部クロック時間のミスアライメント)により、 Element ソフトウェアのコンテキストに次のようなさまざまな問題が生じる可能性があります。

この記事では、 Element ストレージノードの特定の mNode またはクラスタでクロックスキューが発生していないかどうかを、 Element クラスタのストレージノード間、または mNode とそれに関連付けられているストレージクラスタ間で確認する方法について説明します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.