メインコンテンツまでスキップ

Brocadeスイッチでクレジットゼロに設定する必要があるしきい値はどれですか。

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
brocade<a>2009990908</a>
Last Updated:

環境

  • Brocadeスイッチ

回答

  • Buffer credit zero カウンタの増分は、クレジットのレイテンシを示します。
  • これは、 transmit BB (buffer-to-buffer) credit 受信遅延のためにがゼロであり R_RDY 、フレームを送信できなかったために、ポートがフレームを送信できなかった回数を示します。
  • このカウンタの増分は必ずしも原因ではありませんが、送信されたフレームの総数(stat_ftx)に対して数値が大きい場合は、輻輳や遅延の影響を受けたデバイスなど、パフォーマンスの低下を示している可能性があります。
  • MAPS は、複数のウィンドウサイズにわたって合計レイテンシを監視し、各時間ウィンドウに対して異なるしきい値を設定します。これにより、MAPは、遅延のさまざまなレベルの重大度をVCレベルで同時に適用および監視できます。
  • 監視ウィンドウのサイズと対応するしきい値は次のとおりです。

CRED_ZEROカウンタの70%が1秒で増分します。
CRED_ZEROカウンタの50%が5秒で増分します。
CRED_ZEROカウンタの30%が10秒で増分します。

  • [1] 上記のしきい値はデフォルト値であり、 FPIプロファイルを使用してカスタマイズできます
  • ただし、 この遅延の原因となっているデバイスで問題を修正し、バッファクレジットの値を変更しないことを推奨します。

追加情報

  • 違反が発生すると、レイテンシは IO_PERF_IMPACTとしてRASLog メッセージで報告されます。メッセージには、帯域幅損失量と対応する時間ウィンドウの両方が含まれます。このメッセージには、カウンタの実際の増分がパーセンテージで指定されています。
    • 次に RASLog 、この状態のVC情報を含む一般的なエントリを表示する例を示します。この例では、帯域幅の損失は85%で、時間ウィンドウは1秒です。

2021/03/01-13:00:00, [MAPS-2070], 2692, SLOT 2 | FID 77, WARNING, Core_Switch, slot9 port19, E-Port 9/19, Condition=ALL_PORTS(DEV_LATENCY_IMPACT==IO_PERF_IMPACT), Current Value:[DEV_LATENCY_IMPACT, IO_PERF_IMPACT, (53.1% of 5 secs in VC: 9) ], RuleName=defALL_PORTS_IO_PERF_IMPACT, Dashboard Category=Fabric Performance
Impact.

 

 
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.