メインコンテンツまでスキップ

Brocade スイッチで Telnet を無効にする方法

Views:
334
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
brocade
Last Updated:

環境

BrocadeファブリックOS

説明

  • 交換される情報が暗号化されていないため、Telnetサービスに脆弱性があります。
  • これにより、ローカルネットワーク内のすべてのユーザが、Telnetクライアントとサーバの間を通過するログインクレデンシャルを含むデータをプレーンテキストでスニファできます。 
  • セキュリティポリシーのため、環境内でTelnet(TCP 23)などのセキュリティ保護されていないプロトコルを無効にし、リモート管理目的でSSHなどのセキュアなプロトコルを使用する必要がある組織はほとんどありません。
  • 脆弱性スキャナ からの概要が報告されます。  The remote Telnet server transmits traffic in cleartext
  • Telnetを無効にすると、 組織で使用されているセキュリティスキャナによって検出される可能性のあるTelnetに関連する多くのセキュリティ上の脆弱性も解決されます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.