メインコンテンツまでスキップ

Cisco 9336C-FX2クラスタスイッチのRCF 1.X Breakoutをお客様の特定のニーズに合わせて変更する方法

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

Cisco Nexus 9336C-FX2クラスタインターコネクトスイッチ

説明

この資料では、Cisco Nexus 9336C-FX2クラスタスイッチリファレンス構成ファイル(RCF)( Cluster-HA-Breakout RCF v1.8など)を、特定のポート速度のニーズに合わせて変更する方法について説明します。この変更はNetAppでサポートされています。

注: RCFを適用した場合、RCFファイルはアップグレードされません。新しいRCFを再初期化したスイッチに再適用します。

  • Cisco Nexus 9336C-FX2スイッチには、36個のQSFP+/ QSFP28ポート(1~36)が搭載されています。
    • Cluster-HA-Breakout RCF v1.8 では、デフォルトで次のポート構成が設定されます。
      • ポート1~3を10GbEモード×4に設定-クラスタノードに使用
      • ポート4~6を25GbEモード×4に設定-クラスタノードに使用
      • ポート7~34は40GbEまたは100GbEに設定-クラスタノードに使用
      • ポート35~36はISLポートで、100GbEに設定
  • ONTAPクラスタでスイッチごとに異なるポート速度を設定する必要がある場合は、特定のONTAPクラスタのニーズに合わせて設定をカスタマイズできます。
  • 10GbEまたは25GbEポートの追加が必要な場合は、追加の40 / 100GbEポートを10GbEまたは25GbEブレークアウトモードに設定できます。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.