メインコンテンツまでスキップ

QSFP と光 SAS とは何ですか。

Views:
754
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
metrocluster
Specialty:
MetroCluster
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • MetroCluster FC
  • ストレッチ MetroCluster
  • オプティカル SAS
  • ONTAP 9
  • ONTAP 8
  • 6Gbps SAS

質問と回答

QSFP とは

Quad ( 4 チャネル) Small Form-Factor Pluggable ( QSFP または QSFP+ )は、データ通信アプリケーションに使用されるコンパクトでホットプラグ対応のトランシーバです。ネットワークデバイスのマザーボード(スイッチ、ルータ、メディアコンバータなどのデバイス)を光ファイバケーブルに接続します。多くのネットワークコンポーネントベンダーが共同で開発しサポートしている業界フォーマットで、 4 x 10 ギガビット / 秒のデータレートをサポートしています。フォーマット仕様は、データレートを向上させるために進化しています。 

QSFP を使用しているストレージシステムを確認する方法を教えてください。
ONTAP 9 で Data ONTAP 8 またはノード実行ノード <nodename>sysconfig -a を実行する場合は、 sysconfig -a を実行します。
 
スロット 0 : SAS ホストアダプタ 0a ( pmc-sierra PM8001 RevC 、 SAS 、 <up> )ファームウェアリビジョン: 01.11.06.00 基本 WWN : 5:00a098:00353ed:08 PHY 状態: [ 0 ] 有効、 6.0 Gb/ 秒 [ 1 ] 有効、 6.0 Gb/ 秒 [ 2 ] 有効、 6.0 Gb/ 秒 [ 3 ] 有効、 6.0 Gb/ 秒 QSFP ベンダー: Molex Inc. QSFP 部品番号: 112-001400a93g+QSFP 1343g 
オプティカル SAS とは

SAS シェルフの接続には、光 SAS を使用します。サポートされている SAS HBA 上の既存の QSFP コネクタを使用して、アクティブな光ケーブルを使用して接続します。光 SAS ケーブルは、マルチモードとシングルモードの両方のファイバタイプで使用でき、既存の光パッチパネルインフラと互換性があります。Data ONTAP 8.1.3 および 8.2.1 以降が必要です。 

光 SAS ケーブルはどのような場合に使用する必要がありますか。

オプティカル SAS ケーブルは、ストレージコントローラと関連するディスクシェルフの構成を柔軟に行えるように設計されています。これらのケーブルは、ストレージコントローラから 10 m を超えるシェルフを配置する場合に使用します。ストレッチ MetroCluster 構成では、 FibreBridge 6500N デバイスの代わりに光 SAS ケーブルを使用することもできます。

サポートされている光 SAS ケーブルの種類を教えてください。

オプティカル SAS ケーブルには、次の 4 種類があります。

  • アクティブ光ケーブル( AOC )
    • 1 m 、 2 m 、 3 m 、 5 m 、 15 m 、 30 m 、 50 m の長さ
    • QSFP コネクタが接続されたケーブルアセンブリ
  • マルチモード直接ケーブル接続
    • 標準外の長さ、または最大 150m までの接続に対応しています
    • MPO コネクタ付きの QSFP を提供する場合、 MPO コネクタ付きの OM4 ケーブルはベンダーから調達する必要があります
  • マルチモード光パッチパネル接続
    • OM4 ケーブルで最大 150m 、 OM3 で最大 100m の距離を実現する既存の光パッチパネルを使用します
    • 長さ 5 m と 30 m のケーブルをご用意しています
    • LC 、 SC 、または MT-RJ コネクタで使用できます
    • QSFP と MPO コネクタを使用します
    • 接続ごとに 8 つのパッチパネルポートが必要です
  • シングルモード光パッチパネル接続
    • 既存のシングルモード光パッチパネルを使用して、最大 500 m の距離を実現します
    • 長さ 5 m と 30 m のケーブルをご用意しています
    • LC 、 SC 、または MT-RJ コネクタで使用できます
    • HBA 接続用の QSFP コネクタを接続
    • 接続ごとに 8 つのパッチパネルポートが必要です 

MetroCluster 構成でファイバブリッジの代わりに光 SAS ケーブルを使用できますか。

○ストレッチ MetroCluster 構成では、ファイバブリッジデバイスの代わりに光 SAS ケーブルを使用できます。

次の図に、マルチモードおよびシングルモードストレッチ MetroCluster の例を示します。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.