メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.x を実行しているすべてのフラッシュ FAS システムでストレージ効率を最大化する方法

Views:
147
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • All Flash FAS - AFFモデル
  • ONTAP 9

説明

AFFシステム上のNetApp Storage Efficiencyテクノロジは、本質的にアダプティブであり、クライアントワークロードに基づいて自動的に調整されます。

  •  インライン効率化エンジンは、クライアントのレイテンシとスループットを常時監視します。
  • レイテンシが急増すると、レイテンシが正常に戻るまで効率化処理が一時的に一時停止されるため、クライアント処理に影響はありません。
  • 要約すると、インライン効率化エンジンは、パフォーマンスのSLAに影響を与えずに効率を最大化できるように設計されています。
  • また、効率化エンジンは、圧縮不可能なデータをインテリジェントに特定し、そのようなデータを圧縮しようとするシステムリソースを無駄にしません。

 
AFFシステムでは、NetAppワークロードに関係なく、デフォルトの効率化テクノロジ(下記の「必須の設定」セクションを参照)をすべて使用することを推奨します。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.