メインコンテンツまでスキップ

マルチパス I/O を使用して Windows ファイバチャネル構成を確認する方法

Views:
813
Visibility:
Public
Votes:
2
Category:
data-ontap-8
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  •  Data ONTAP 7 以前 
  •  Data ONTAP 8 7-Mode 
  •  DSM for Windows MPIO 
  •  FlexPod

説明

このドキュメントでは、 MPIO の構成とステータスを両方の形式の DSM で表示する方法について説明します。

  • SAN では、ホストが LUN にアクセスできるように複数のパスが提供されることがよくあります。
  • SAN の冗長性を最大限に高めるには、ホスト OS でマルチパス I/O ( MPIO )ソフトウェアを使用する必要があります。
  • MPIO ソフトウェアは、使用可能なすべてのパスを監視し、オペレーティングシステムに使用するパスを決定します。
  • Microsoft MPIO システムは、 DSM を使用して自動的に設定されます。
  • ストレージクラスタとのインバンド通信を使用して、プライマリパスとセカンダリパスを決定します。

syslog および EMS メッセージ:

[hostname: scsitarget.partnerPath.misconfigured:error]: FCP Partner Path Misconfigured.
[hostname: scsitarget.partnerPath.misconfigured:error]: FCP Partner Path Misconfigured - Host I/O access through a non-primary and non-optimal path was detected.

このエラーメッセージの詳細については、「 What do FCP partner path misconfigured messages mean ? 」( FCP パートナーパスの誤設定メッセージの意味)を参照してください。

用語

  • パートナーパス:パートナーノードを使用してローカルノードでホストされている LUN にアクセスする LUN へのパス。LUN はアクティブ - アクティブクラスタ内にあります。
  • 非プライマリパス:パートナーパス、プロキシパス、およびセカンダリパスと同義です。すべてが非プライマリパスの例です。
  • FCP ターゲットポート: FCP サービスをホストに提供するファイバチャネルインターフェイス。
  • Virtual Target Interconnect ( VTIC ):イニシエータグループリストに表示される仮想 FCP ターゲットインターフェイス。VTIC は、イニシエータがセカンダリパスにアクセスできることを示すために使用されます。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.